【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

こんにちは。個人指導専門塾の竹内です。

今回は、暗記が苦手だった中学3年生の男の子が、

「テストの点数で70点アップ」した お話をさせて頂きます。

 

普段勉強はやっているのですが、なかなかテストで成果がでないA君という生徒がいました。

そこで、テスト前の1ヵ月前に面談を行い「勉強方法を一緒に見直し」をしました。

面談をして分かったことは、

そのA君はこれまで学校の提出物は提出していましたが、提出もギリギリか少し早い程度だったこと。

これではワークをやること自体が目的になってしまうので、今回は、

1ヵ月前からテスト範囲になるワークを3回繰り返す

「反復練習をする」スケジュールを立てました。

そのスケジュールは、1日に何の科目を何ページやるかまで細かく計画しました。

A君は、とてもまじめな生徒ですが、暗記が得意ではなく、反復練習が必要だと感じたからです。

 

A君に対しては、

A君、今回は学校の提出物である学校のワークをとにかく3回はやろう。

1回目は普通に解いて、2回目・3回目は、間違えたところのみを解きなおそう!」

2回目の時には間違えたところに、付箋を貼って解きなおしをしていこう!」

3回目は、先生が指示した箇所や自分で苦手だと思っているところをもう一度解きなおしてみようか?できるかな?

と話しました。

その後、2回目・3回目のワークができているのかチェックを繰り返し、

1週間前には3回のワークが終っている状態にしました。

学校のワーク3回をやりきるチェックをしていくと

徐々に勉強時間が増えていき勉強するリズムもついてきました。

「テスト前にワーク3回をやりきる!」

これが、A君にいい目標になっていました。

 

そして結果、A君はテストで合計70点アップ!しました。

私も、テストが返ってきたときにはとても嬉しかったです。

 

みなさんも、暗記=大変だと思わず、1度この「反復練習」をチャレンジしてみませんか?

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 成績が上がった生徒と上がらなかった生徒の違い

  2. リスニングを全問正解していくためのコツ!

  3. 友だちと一緒に勉強するメリットと注意点

  4. 子どもがどんどん勉強しなくなってしまう科学的根拠とは?

  5. 理科のテストの点数をあげる方法!

  6. 目標の決め方②スモールゴールはどう決める?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。