テスト勉強や受験勉強にも役立つ!時間を測って勉強する習慣を身につけるメリット

なんとなく時間を見ながら勉強している子はいるかと思いますが、正確に時間を測って勉強している子は少ないものです。

そこで今回は、時間を測って勉強する習慣づけについてお話ししていきたいと思います。

 

時間を測って勉強する習慣をつけよう!

勉強をするときは、時間を測る習慣をつけましょう。

ただ時間を測るのではなく「どの勉強にどのくらいの時間がかかるのか」といったことを意識すると◎

時間を測っていくと「時間がかかる勉強」「思ったよりも短い時間で済む勉強」など気づくことがいろいろあるかと思います。

時間の記録も大事

時間を測って勉強する際には“記録”も大事です。

今日は〇時〇〇分~〇時〇〇分まで勉強した・・ではなく、

  • 漢字練習15個:25分
  • 算数のワーク10問:15分

のように、何にどのくらいの時間がかかったのかを記録していきます。

時間を測るメリット

どの勉強にどのくらいの時間がかかっているのかが分かれば、今後の学習計画が立てやすくなります。

さらに、「時間を測る」という目的ができるため、勉強をする動機づけにもなります。

勉強途中で他のことに意識がいってしまう子やだらだらと時間をかけて勉強をする子もいるかと思いますが、「時間を測っている」という意識があれば、途中で遊んでしまうことも防げます。

「早く終わらせる」と焦って勉強する必要はなく、速さが正義ではないので「この勉強に集中してしっかり取り組むとどのくらいの時間がかかるのか」を測るようにしましょう。

 

時間を測る習慣を身に付けられると、定期テストの勉強や受験勉強の計画も立てやすく、勉強に集中しやすくなります。

今日からすぐにでも始められるので、ぜひ時間を測って勉強する習慣をつけてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 読むスピードの速さは読解問題をどう読み込むかにあった!

  2. 暗記が苦手な子必見!記憶のメカニズムから考える勉強のやり方

  3. 必見!テスト上位常連者の勉強法ベスト3(2020年版)

  4. 楽しく習慣化する勉強のやり方

  5. 小6年生 中学準備。今からやると良い勉強習慣とは

  6. 【中学生向け】テスト直前に効率の良い勉強をするための睡眠とは…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密