テスト前、思うように勉強が出来ない子へ。キーワードは「3回やる」!

こんにちは。個人指導専門塾の柵木です。

学校によっては体育大会の時期ですね。
スポーツの秋、勉強の秋。9~10 月にかけては定期テストがあります。
忙しいからと言って勉強を後回しにすると、あっという間にテスト期間です。

疲れも溜まりやすいときですが勉強もコツコツ進めていきたいものですね。

では、具体的に何を進めればよいのでしょうか。

うちの生徒にも口酸っぱく言っているのが学校のワークです。
テスト課題にもなるので、最終的にはどこかで進めないといけないものです。

これを 1 回だけやって終わりにせず、繰り返し進めるよう話しています。
最低 3 回は進めたいですね。繰り返すことで知識が定着します。

 

とはいえ、時間がなくてできない、という子も非常に多いです。

なぜかというと、テスト範囲が出てからでは 1 回やるのが精一杯だからです。
ならば、テスト範囲が出る前にやるしかないです。

テスト課題を3回やりましょうというお話をすると
「テスト範囲が発表されてから課題をやり始めて、一通りやったらまた一から解き直す。これを3回やる。」
とイメージする子が多いです。

ですが、それだけがやり方ではありません。

テスト範囲は、もう半分以上分かっています。

「前回のテスト範囲の次から今授業で習った内容」までは確実に出ます。
そのため、今から始めておけば、テスト範囲の半分以上は 3 回繰り返す余裕ができます。

具体的な進め方としては

①習ったその日に解く

②その週の土日にもう一度解き直してみる

③テスト 2 週間前にもう一度解き直してみる

あとは間違った問題だけくり返し解いていくことで、テスト前は苦手なところだけを勉強することができます。

もちろんその都度答え合わせ、まちがい直しをします。

(間違い直しのやり方についてはこちらの記事を参考にしてください。テスト後にも普段の勉強にも使える間違い直しの方法をお伝えしています。→「テスト直しのやり方」)

 

テスト前にたくさん勉強したということは、それだけでやってない時よりも自信が湧くものです。

H5見出しa

投稿者プロフィール

柵木
柵木
柵木 康弘(ませぎ やすひろ)
得意科目は、数学と理科です。
矢作、百々西教室を担当しています。

日々、子どもたちの良い所や成長を見守り、たくさんほめてあげたいと思っています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 算数の文章題を練習しよう

  2. 読書をより“勉強”につなげてみよう!

  3. 自主勉強の第1歩とは

  4. テスト週間に保護者の方にやってもらいたいこと

  5. 理科と社会のノートまとめのコツ

  6. 分数が苦手すぎた中3受験生のお話

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。