間違え直しの重要性

こんにちは。個人指導専門塾の渡邊です。

本日は、「間違え直しの重要性」いてお話します。

普段私が見ている教室では

間違えることを嫌がったり、怖がったりする子がいます。

分からない問題があると、すぐに答えをみて書き写してしまいます。

 

でも、それは本来の勉強から一番離れてしまっています。

すぐに解けない、分からない問題があっても当たり前です。

何問でも間違えていいですし、全問不正解でも構いません。

 

大切なのは、そのあとの間違え直しです。

間違え直しとは、ただ正解を書き写すだけではなく、

①どうして間違えたのか原因を探る

②間違えた原因がわかったらノートにまとめる

③もう一度解いてみる

という流れが大切です。

1回で理解できなかったのなら

理解できるまで何回もやることが重要です。

 

もちろん、1回解いて終わってしまっても意味がありません。

その時は解けても、人は1日たつと約70%忘れてしまうというデータがあります。

1日後や1週間後に、もう1度同じ問題を解いてできるかどうか。

そうやって繰り返し解くことで、

効果的に記憶することができ、結果に結びつきます。

・どうして間違えたのか

・次できるようにするためにはどうするのか

 

間違いは「ダメ」なことではなく

「正解につながる(できるようになる)チャンス」なのです。

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。

関連記事

  1. 家で理科と社会を勉強しましょう

  2. 新学年が始まった今、必ずやってもらいたいこと!

  3. 【成功事例】子どもが家庭学習をするしくみづくり

  4. 今から次の学年になるまでにやっておきたいこと(低学年)

  5. テストは受けたあとが大事!テスト後にするべきこと

  6. 理科の“生物や地学”を攻略するためには?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密