これでカンペキ!英語を覚えるためのノート練習法

こんにちは、教室長の丹下(たんげ)です!

 

今回は、前回の単語の覚え方もふまえながら

ノートを使った英文練習についてお話しします。

 

学校の宿題で、英語ノートをひたすらコツコツ進めるものはありませんか?

 

こちら、みなさんはどのように進めてますか?

何をできるようにやっているのでしょうか?

単語練習?文法の勉強?本文丸暗記?・・・

 

そこで今回は、その日々の英語ノート練習でのオススメなやり方を紹介していきます!


 

まず、単語練習をするという場合。

前回もお話しした通り、ただひたすら単語を書き続けるというのはおすすめできません。

 

単語を覚えるのを目的とするならば、

①単語のつづり

②意味

③発音

④その単語を使った例文

この4つをセットで練習していくのがオススメです!

 

 

例えばこんな感じ。

 

student,スチューデント(生徒) 

I am a junior high school student.(私は中学生です。)

 

1行目を単語練習に主に使い、2行目を例文練習という形。

これは今後、自作の単語帳代わりにも使えます


 

次に、文法の練習をする場合。

教科書には各unitごとに、新しい表現や文法が出てくると思います。

 

その基本文を丸写しして練習もいいですが、

少し工夫して効率よく暗記する方法があります!

 

まず、教科書に出てくる基本文を写します。

I am looking for my pencil now.

(私は今鉛筆を探しています。)

 

これを自分でどこか1単語変化させることで、

文法の練習になります。

 

例えば主語をheに変えたら、

He is looking for his pencil now.

彼は今鉛筆を探しています。)

 

過去進行形の文章にすると、

I was looking for my pencil then.

(私はそのとき鉛筆を探していました。

 

というように、1つの基本文から独自に文法の練習をしてみましょう。

 

主語や時制を変えるのがポイントですね!

あとは、否定文にしてみたり、疑問文にしてみたり・・・

 

1つの文章から何通りも書き換え可能です。

教科書の文章を写すだけではないので、かなり頭を使いながら練習できますよ。


 

ここで、もう一つのポイントに皆さんお気づきでしょうか?

 

このように英語の丸暗記を行う際は

必ず日本語訳もノートにやることが大切です!

 

日本語訳もセットで書くようにすると、

和訳練習にもなりますし、

文法の理解がさらに深まります。

 

毎日の英語ノート練習に少し工夫を加えることで、

効果は全然違います!

 

ただ書くだけの作業にならないよう、

ぜひ実践してみてください!

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。 得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。 趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。 生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。

関連記事

  1. 効率よく英単語をサクサク覚える方法!

  2. 夏休み、理科が苦手な子におすすめの勉強法

  3. 小学生のうちからできる中学準備

  4. 英語の勉強には教科書を使おう。

  5. 学年末テスト後、進級する前にするべきこととは?

  6. 国語の“苦手”を見極めよう!②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加