勉強の自信をつけるために間違い直しをしよう

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

新学期が始まり2週間近く経ちましたが、新生活には慣れましたか。

また、学校の授業の復習は出来ていますか。そして間違えた問題のやり直しは出来ていますか。

勉強する上で間違い直しはとても大切で、結果につながる行動です。

間違い直しのやり方やその有効性については、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。
テスト直しのやり方何のために間違い直しをするの?

今日は「間違い直しをやることで得られる自信」についてお話しします。

間違い直しをすることによって、自分の苦手であるのびしろを見つけることが出来ます。

そして、そののびしろを伸ばすことによって結果を得ることが出来ます。

しかし、それだけではありません。

分からないところが分かるようになり結果が見えてくると、

その先には自信が生まれてきます。

自信があると、「もう少し解いてみようかな」という気持ちがわいてきます。

この自信を持つことにより、「自分もやれば出来るんだ。」という気持ちが芽生えてきます。

この芽生えた気持ちは、「もっと成長したい」「もっと出来るようになりたい」

というように、勉強と自分自身に対する考え方を前向きにさせてくれます。

「病は気から」という昔ながらの言葉がありますが、

「やる気は小さな自信から」ともいえるのではないでしょうか。

この自信を持つためにも、間違えた問題があったら、

「この問題は何でこうなるんだろう。」「このように解いたらもっと分かりやすいかも」

のように、小さな疑問に必ず向き合って下さい。

もし、分からなくなったり、やり方が分からなかったら、どんどん質問し、理解して、

小さな自信を増やしていきましょう。

そして、次同じ問題を解いた時に、何にも頼らず自力で解くことが出来れば、それは大きな自信につながります。

「自信がある」ということこそ、勉強を継続させる大きな動機付けのひとつなのです。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 自主勉強の第1歩とは

  2. 友だちと勉強する際に決めるべきルール

  3. 受験直前、これを頑張った子が成功した【受験生】

  4. 冬休みの目標を一緒に決めるとき注意すべきこと

  5. 「目標を立ててもモチベーションの維持が難しい…。」やる気が持…

  6. テスト勉強はどうやるの?(英語)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密