受験直前!自信を持って受験に臨むために有効な声かけとは?

受験直前!お子様の合格を願うあまり「頑張れ!」と声をかけたくなるのではないでしょうか。

受験はお子様自身の戦いではありますが、家族のサポートが不可欠です。

そこで今回は、お子様が当日に自信をもって最大限の実力を発揮できるよう、有効な声かけを紹介しますね。

焦らせない

「お兄ちゃんは〇〇だった」「〇〇くんは・・・」などの他者との比較はNGです。

また「合格する自信はある?」「大丈夫なの?」といった問いかけも避けましょう。

兄弟や他の子との比較は、焦りを感じてしまう子もいれば「自分にはできない」と諦めの気持を持ってしまう子もいます。

さらに、親御さんの不安や心配は、お子様をも不安にさせてしまいます。

受験直前のネガティブな声かけは、絶対にしないようにしましょう。

 

信じていることを伝え、行動を促す

お子様が自分の実力を最大限に発揮できるようにするには、どのような声かけが有効なのでしょうか。

  • 〇〇くん(ちゃん)なら大丈夫!
  • 今まで一生けんめい受験勉強してきたもんね!
  • 応援しているよ!
  • 最後まで頑張ろうね!
  • 自分の力を信じなさい

親御さんの「あなたを信じている」といった声かけは、お子様にとって嬉しいものであり、頑張る原動力となります。

冒頭にもお話ししたように「頑張れ」と言いたくなるかとは思いますが、おすすめしたいのは「頑張れ」よりも『頑張ろうね!』です。

実際に受験をするのはお子様自身ですが「頑張ろうね」の声かけから、「親も一緒に戦ってくれるんだ・一人じゃないんだ」といったことが伝わり、心強く思うはずです。

今までのお子様の努力を認め、信じていることを伝えると、お子様の自己肯定感も高まり「自分なら大丈夫」といった思いを抱けます。

そのため、最後まで頑張る気力や勇気を引き出せるのです。

たくさんの言葉はいらない

いろんな言葉をたくさんかけてしまうと、たとえそれがポジティブな言葉であっても、お子様のプレッシャーになってしまいます。

「信じている・応援している・一緒に頑張ろう」これさえ伝われば、多くの言葉は必要ありません。

親御さんの思いは、行動からでもちゃんと伝わります。

 

受験当日は、いつも通りに送り出してあげてください。そして、受験から帰ってきたら笑顔で「お疲れ様。頑張ったね」と迎え入れてあげてください。

受験はお子様も大変ですが、親御さんも大変ですよね。ですが、今が親御さんにとっても、もうひと踏ん張りのときです。

お子様が100%の実力を発揮できるよう、最後のサポートをしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 漢字が大大大っ嫌いだった女の子の話(体験談)

  2. たまには保護者の方が頑張る目標を考えてみましょう。「1日5回…

  3. 【受験生向け】模試に真剣に取り組むメリットとは?

  4. どうやったらやる気は出るのか?

  5. ノートを綺麗に書き続けてもらうためにするべきこと

  6. 「家でダラダラする子どもをどうすれば良いのか分からない・・・…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密