受験生がこの冬やるべき勉強

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

冬休みまで残り一週間。中三生は追い込み期間に突入するところです。

冬休みはどんなことを勉強するべきか、何に気を付けて学習を進めるべきか。

勿論受験する本人には必ず知っておいてほしいことですが、保護者の方にもぜひ知っておいてほしいと思います。

家でお子さんの勉強のやり方が何となく逸れてしまった時に、保護者の方が軌道修正出来るかもしれないからです。

そこで今回は受験生とその保護者の方に向けて、受験生が冬休みにやるべきことをお話していきます。

この時期は

  • 暗記科目(理科、社会)をより確実に覚えて点数を取っていくための確認
  • 主要三科目の基本問題の確認

を中心に取り組みましょう。

なぜなら、今まで多くの問題を取り組んできたからこそ、確実に点数が取れる問題を増やしてほしいからです。

やり方は実にシンプルです。

①問題を解く。

②答え合わせをする。

③自分が間違えた問題を見直し、解き直す。

④答え合わせをする。

シンプルですが、この「間違い直しをする」勉強が一番大切です。

加えて大切なのは問題を解く際にこれまで勉強した中で自分が不得意な教科や単元を中心に行っていくことです。

時間が無いからこそ、苦手なところを分かるようにしていくことが点数アップへの近道なのです。

「今までのノートを見返す。」これもスキマ時間に出来る勉強の一つです。

  • 自分が出来ていた問題(忘れてしまっている可能性があるため)
  • ケアレスミス
  • 分からなかった問題

を再確認し解き直すことで、0から勉強しなおすよりも効率よく理解することが出来ます。

説明するのは簡単ですが、やるべきことをやりきるのは難しいことです。

ですが、やり切ると自信につながります。

「自信をもって」受験に挑むことが出来ると当日のパフォーマンスは大きく引き上げられます。

「不安」ではなく「自信」を持っていくためにもこの冬を大切にしてほしいと思います。

保護者の方も、ぜひお子さんがこの冬やるべきことを把握して受験に向けた勉強の手助けをしてあげてください。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 数学ってどうして勉強しないといけないの?

  2. 中1から英語がわからない・・・

  3. 国語の勉強ってどうして大切なの?

  4. 勉強のやり方が間違っているとどうなる?

  5. 入試まで残り一ヶ月、今やるべき勉強方法【受験生】

  6. 理科って本当に“暗記科目”ですか?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。