受験前最後の長期休暇はどのように使う?今やるべきこと①第一志望が私立の場合

受験生のみなさんは、受験前最後の長期休暇ですね。

第一志望が私立の場合、この冬休みがラストスパートですので、1日8~10時間は勉強したいところ。

焦りもあるかと思いますが、着実に一歩ずつ進めるように「第一志望が私立のお子様の今やるべきこと」についてお話ししていきます。

志望校の過去問演習を3~5年分やる

私立が第一志望のお子様は、志望校の過去問演習(3~5年分)に取り組んでいきましょう。

過去問演習でチェックしたいポイント

  • 時間内に解けたか
  • 正解率はどのくらいか
  • 出題傾向・出題形式
  • 問題の量・順番

過去問演習をする際はTVやスマホの電源を切り、当日と同じような環境に近づけるのが大切です。

さらに、時間を測って問題を解いていきましょう。

過去問演習は、出題傾向や出題形式を把握、慣れる目的があります。

受験勉強の総仕上げを

愛知県の私立高校では、1月20日(金)~24日(火)に一般入試を行うところがほとんどです。

入試まで1カ月を切っているので、この冬休みは受験勉強の総仕上げをしていきましょう。

この段階で新しい問題集に取り組むのはNG。混乱してしまったり、余計に焦ってしまったりするリスクがあります。

今手元にあるものを徹底的に取り組み、ケアレスミスにも着目しながら勉強をしていけるといいですね。

 

体調管理もしっかりとしよう

勉強時間を確保するのはもちろんですが、起床時間にも注意が必要です。

長期休暇中であっても、受験当日の起床時間と同じ時間に起きるようにします。

「身体を慣らす」「受験開始時間に頭がしっかりと回転するように調整する」といった意味がありますので、ぜひ取り組んでいただきたいです。

焦りや不安があると夜遅くまで勉強したくなるのも分かりますし、寝ている時間がもったいないと思ってしまうのも当然です。

しかし、寝不足は集中力の低下だけでなく、免疫力の低下や体調不良にもつながりますので、8時間は睡眠をとるようにしましょう。

親御さんには、焦りや不安を感じているお子様のサポート・心のケアをしていただきたいです。

「親が応援してくれている」「自分の頑張りを理解してくれている」と思うからこそ、お子様は頑張れますし実力を発揮できます。

大切な時期なので体調に気を配りつつ、限られた時間を有効に使っていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. チェックリスト(Todoリスト)を使って勉強上手になろう。

  2. 【受験生向け】集中力が途切れた!?リフレッシュする休憩の仕方…

  3. 【受験生向け】この冬休みにどのような勉強をするべき?

  4. 私立入試まであと2週間。この2週間の上手な過ごし方【受験生】…

  5. 内申点とは?高い内申点を取るメリットと上げるコツを公開!

  6. 受験生に伝えたいモチベーションを維持するということ

個人指導専門塾で成績が上がる秘密