受験生は夏までが肝心!それはなぜ?

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

新学期が始まったと思ったら、コロナウィルスの影響で非常事態宣言が出され、学校が休校になってしまいましたね。

この影響で、例年ある長期休暇(特に夏休み)の日数が少なくなることが予想されます。

そこで今回はズバリ、

「一年後の受験に向けて、夏までに達成すべき行動目標と、それに伴うスモールゴール」

についてです。

中学 3 年生のお子様は、一年後、受験が待っています。

多少の変更はあるかもしれませんが、おそらく受験がなくなることはありません。

学校に行けない今だからこそ、目標やスモールゴール(身近に達成できる目標)を自分で設定することが必要になってきます。

目標やスモールゴールについてはこちらをご覧ください。→「目標の決め方①新年度スタート!このタイミングで絶対知るべき「目標の決め方」

夏( 7 月末)までに達成すべき(スモールゴール)は内申点の確保です。

2 年生の最後の内申から、1 段階でもいいので上げることを目指しましょう。

夏、中 3 は部活を引退します。すると、みんなが勉強を頑張り出します。

そうなってからでは内申点は上げるのが非常に難しくなります。

では、内申点(成績)を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

受験まであと 1 年のこの時期にもできることはたくさんあります。学力向上のために日々出来ることを達成していきましょう。

これこそがスモールゴールです。

例えば、

  • 提出物は 100%提出する
  • 1 回の授業で 1 回は挙手をし、発言する
  • 一日、一時間は必ず勉強する(学校の宿題以外)

などです。

ここで重要なのが、無理をせずに達成できることを考えることです。

とにかく、「夏までに内申点を上げること」をスモールゴールのひとつにしてみてください。

そのスモールゴールを達成するためにできる、無理せずできる行動とは?

ぜひお子様と一緒に考えてみてくださいね。

まずは出来ることからチャレンジしてみて下さい。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 令和3年度の高校入試はコロナでどう変わる?

  2. 内申点とは?高い内申点を取るメリットと上げるコツを公開!

  3. 8月3日 中3生 夏の中3特訓

  4. 私立受験直前!~1か月前にやるべき勉強①~

  5. 【受験の心構え】9月の過ごし方~燃え尽き症候群と戦う~

  6. この時期、塾講師が受験生の勉強で実際に気をつけていること②

個人指導専門塾で成績が上がる秘密