自尊心の持ち方〜悩みを抱え込まず、自分を認める〜

前回は、保護者の方の自尊心の持ち方と称して、子育ての前向きな捉え方についてお話しました。

今回は、子育ての悩みに対する姿勢と、保護者の方が自分のできているところを自分自身で認める方法についてお話します。

子育ての悩みは、周りと共有する

子育てで悩んだとき、まずは一人で抱え込まないようにすることが大切です。

子育てには正解がないため、「自分の子育てが間違っているのではないか?」と悩んで一人で抱え込んでしまう方が多くいらっしゃいます。

すると、どんどん自分自身を追い詰めてしまうことになります。

悩みが出てきた場合は、夫婦間や祖父母、友人など信頼できる人に相談してみましょう。

大切なことは、相談先を複数持っておくことです。相談先が複数あれば、この悩み事は両親に、こちらはママ友に、など内容や相談できるタイミングによって頼る先があるという安心感につながります。

また、場合によっては、ネットを活用して専門家の知識に頼るのも一つの手です。今はオンラインで相談できるサイトなどもあるので、自分にあったところがあれば利用してみても良いでしょう。

自分を褒める習慣をつける

子育てで悩み事が出てくるときには、自分自身至らない点があったり、できないところばかりが目につきがちです。

そこで、「1日の終わりには自分のことを褒める」という習慣をぜひ実践してみてください。

最初は難しく、なかなか自分自身のことを褒めるのが難しいかもしれませんが、そういった場合は、お子さまと結び付けると上手くいくこともあります。

「今朝は子どもを元気に学校へ送り出せたな」「今日は子どもとこんな話ができたな」など、些細なことで構いません。

できたことを書き出してみたり、周りと共有しても良いでしょう。

自分や周りの良いところをどんどん認めて、気持ちを前向きに保つことを意識してみてくださいね。

一人で悩みを抱えてしまうと孤独感が高まり、どんどん気持ちが沈んで行ってしまいます。

自分が悩んでいるなと感じたときには「それだけ一生懸命向き合っているんだな」と、まずは自分のことを認めてあげましょう。

上手く周りに頼りながら、頑張っている自分を褒めてあげてくださいね。

お子さまの成長を楽しみながら、一緒に応援していきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 2021年で勝つのは「とにかくやってみる」姿勢。親子で知るべ…

  2. クラス替えによるストレスとメンタルケアの方法

  3. 上半期、コロナによる子どもたちへの影響は?

  4. やる気がでないときは自分分析~自分の状態を言語化してみよう~…

  5. 今年度を振り返る~コロナによるポジティブな変化とは?~

  6. 「思考力・判断力・表現力」を伸ばすには①

個人指導専門塾で成績が上がる秘密