子どもを伸ばす「自己肯定感」①自己肯定感とは?

自発的に勉強をやる子・やらない子の違いは何だと思いますか。

様々な要素がありますが、大きな要素として「自己肯定感の高さ」が挙げられます。

「自己肯定感」とは、「自分なら出来る!」と思うことが出来る気持ちのことです。

自己肯定感が高い子は、チャレンジ精神旺盛。逆に、自己肯定感が低い子は、チャレンジする前に「もしかしたら失敗してしまうかも」という考えが先行してしまい、行動に移せない傾向があります。

保護者様の中には、「うちの子はこういう性格だからなかなか挑戦出来ないんです。」と言う方がいらっしゃいますが、自己肯定感の高い・低いは生まれ持った性格で決まるわけではありません。むしろ、その子が生きてきた環境や、周りからどんな言葉をかけられてきたかによって、変わるのです。

そして、例え今お子様の自己肯定感が低いとしても、時間がかかる場合もあるかもしれませんが、周りのアプローチ方法によって自己肯定感を高めてあげることは可能です。

自己肯定感は、勉強ができるようになるための激薬のようなものではありませんが、確実に行動に繋がります。そして、その行動が例えば成績アップに繋がる行動であれば、自ずと結果は現れるのです。

そんな、子どもにぜひ身につけて欲しい「自己肯定感」ですが、

この度、行動科学に則った「自己肯定感」の高め方・育み方を紹介する書籍『子どもを伸ばす技術』が出版されました。

著者は、個人指導専門塾を運営、また企業研修講師も務める松田新士。

自己肯定感を高めてあげることで、「自分から取り組む」子に育てるという内容です。

また、行動科学は「人間の行動原理」に基づいたものなので、子どもだけでなく大人にも当てはめることが出来ます。

つまり、子どもに対する接し方はもちろんですが、大人同士の人間関係、ご家族との接し方をも解決することが出来ます。

『子どもを伸ばす技術』は、現在Kindle Unlimitedにて読んでいただけます。

お子様に「自分から取り組むようになってほしい」と願う保護者様必見です。

ぜひ下記URLからチェックしてみてください。

 

『子どもを伸ばす技術〜家庭でできる「行動科学」で子どもの自己肯定感を高める方法〜』https://www.amazon.co.jp/dp/B08YKDHYJ5/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_7849YSVYAHFMF4457HXJ

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 読書の習慣を“続けさせる”ためには?

  2. 「勉強できる環境」って一体なんだろう?

  3. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  4. 【オンライン授業プレゼントのお知らせ】

  5. 子どもを叱る時に大切な3つの要素

  6. 漢字が大大大っ嫌いだった女の子の話(体験談)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密