余裕を持って勉強計画を立て、テストの点数が50点もUPした子の話②

こんにちは。個人指導専門塾の田中です。

今回は、前回お伝えしたT君のお話の続きです。

お友達に馬鹿にされて、定期テスト350点を目指すT君。

T君と一緒に、テストまでの期間をいくつかに分けて、その時期に応じた勉強計画を立てて行きました。

まだご覧になってない方は、こちらもご覧ください。→「余裕を持って勉強計画を立て、テストの点数が50点もUPした子の話①

テスト1週間前までは学校のワークの習ったところを2周することを目標にしました。

また、特にわからない部分は教科書の基本問題に立ち返りました。

1 週間前~】

理科、社会の対策がメイン、主要科目はニガテ対策です。

直前の1 週間は暗記事項の多い理科と社会を中心に勉強しました。

2週間前から使っていた学校のワークの3周目をやり、知識を定着。

前のステップで見つけてメモしてもらった英語、数学の弱点補強を忘れずに行いました。

テスト前日】

テスト前日は、翌日のテスト科目の最終チェックをしました。

テスト前の土日は普段よりも多くの時間勉強し、定着を図りました。予備日として、やりきることが出来なかった所の復習もしました。

そしてテスト返却日。

なんと、期末テストで348 点を獲得。以前より50 点アップしました。

350 点以上取れなかったことは悔しそうでありましたが、自信がついてきたみたいです。

「次は絶対、350点以上!」

とはりきってくれました。

断言できることがあります。

目標を明確にして行動を起こしている人は強い

ということです。

マラソンで、「なんとなく走っているランナー」と「〇時間以内にゴールするためにどうすべきかを考えて走るランナー」では後者の方がいい成績を残せますよね。

それと同じです。

また、目標を明確に設定すると時間の使い方が上手くなったり、モチベーションアップにもつながります。

お子さんがテスト前の計画を立てようとしていたら、ぜひお手伝いしてみてください

もし、うまくいかないようであればぜひお近くの教室に相談してみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 夏休みにどのくらい勉強するべき?~どうして夏休みが大切なのか…

  2. 東大生に聞いてみた!「今年の定期テスト、英語はどうする?」

  3. 暗記科目のテスト勉強のやり方

  4. テストの必勝法!勉強前に「勉強の準備」をしよう

  5. この時期が一番つまずきやすい!?その理由と対処方法【中学生】…

  6. テスト前のノートづくり

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。