脳をコントロールすればやる気がでる!?やる気を出すアプローチ方法!行動編

「なんだかやる気がでない」「今日は調子が出ない」

そのような経験は、親御さんにもお子様にもあると思います。

「やる気を出したい」「頑張りたい」と思っても、何をどうすればやる気がでるのか分からない時もありますよね。

そこで【やる気を出すアプローチ方法】について、3回に分けてお話ししたいと思います。

 

やる気を出す3つのアプローチ方法

そもそも、やる気はどこから生まれるのでしょうか。

やる気を司っているのは“脳”です。そのため、脳をコントロールできれば、やる気を出せるのです。

やる気を出すアプローチ方法は、3つに分けられます。

  1. 行動アプローチ
  2. 感情アプローチ
  3. 思考アプローチ

つづいて、行動・感情・思考の具体的なアプローチ方法について見ていきましょう。

①行動アプローチ

【行動アプローチ】とは、やる気のきっかけになる行動を起こすことです。

具体的な方法には、以下のようなものが挙げられます。

  • 少しだけやってみる
  • いつもとは違う場所でやってみる
  • 誘惑になるような余計なものを片付ける
  • 頭にテニスボールを乗せる

 

『少しだけやってみる』

よく言われるのが、この方法です。作業しているうちにドーパミンが分泌され、やる気がでる効果があります。

そのため、やる気がでなくても、まずは少しだけ作業してみましょう。

掃除であれば1分だけ。勉強であれば1問だけ。読書であれば1ページだけ。

すぐに終わる作業や簡単なものからやってみるのがポイントです。

 

『いつもとは違う場所でやってみる』

いつも自室で勉強しているお子様は、リビング学習をしてみましょう。図書館自習室などでもいいですね。

場所を変えるのが難しい場合は、机の上の配置換えや新しい文房具を買うのもおすすめです。

新たな気持ちで、やる気をもって勉強に取り組めるでしょう。

『誘惑になるような余計なものを片付ける』

勉強をしようと机に向かっても、漫画があればそこに手を伸ばしてしまうことも。

目に見える範囲にスマホやゲーム、漫画などがあれば、見たくなる・やりたくなるのは無理もありません。

そこで、勉強に邪魔なものを目の届かないところに置きましょう。視界から排除することで、誘惑に負けずにやる気を持って勉強ができるようになります。

 

『頭にテニスボールを乗せる』

筆者もやってみましたが、これは一番ユニークであり、お子様も楽しみながらやる気を出せる方法です。

やり方は、テニスボールを頭に乗せて、目を閉じて30秒間キープするだけ。

頭の上のテニスボールを落とさないようにするため、自然と姿勢がよくなります。

また、テニスボールに意識が集中するため、集中力が強制的に高まります。

目を開けたときには、目の前の勉強に集中できるようになっているはずですよ。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【テスト直前】高得点をとる人の過ごし方~生活編~

  2. 「苦手の克服」のために本当に必要なこと②【トレーニング編】

  3. 7時間授業によって予想される子どものストレス。親はどう対処す…

  4. 英語を好きになるきっかけを作ってあげよう!(体験談)

  5. テスト前は焦る時ほどこまめな休憩が大切①休憩と学力の関係

  6. 子どもを伸ばす「自己肯定感」①自己肯定感とは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密