やる気が出るタイミングを把握|うまく勉強する方法②

前回は、やる気と感情についてお話ししました。

やる気がなかなか出なくて勉強が手につかないのであれば、ポジティブな感情を利用するとうまく勉強ができるようになります。

今回は、ポジティブな感情を利用する前の準備段階として、自分の感情の変化を把握する方法をお話ししていきます。

 

「モチベーション曲線」を使う

「モチベーション曲線」とは、過去の自分のモチベーションの上がり下がりを振り返り記録したものです。

縦軸はモチベーションの高さ、横軸は時間を書きます。

目盛りは数字でなくても、縦(モチベーション)であればざっくりと「低・中・高」、横(時間)であれば「朝・昼・夜」でかまいません。

  • 朝はモチベーションが低かった
  • 4時間目(昼前)から少しモチベーションが上がってきた
  • 部活はモチベーション高くやれた
  • 帰宅後の勉強のときはモチベーションが一気に下がった

たとえば上記のように、今日一日を振り返りながら感情の起伏を描いていきましょう。

1日だけでなく、1週間くらい続けることが大切です。

モチベーション曲線には「何をしたか」も一緒に書き込むようにします。

「授業」「部活」「塾」「家庭学習」などはもちろん、その日嬉しいことやショックだったことなどがあれば、簡単に書き込んでおくといいですね。

土日もしっかりと記録していきましょう。

曖昧である「やる気」と「感情」を可視化して、分かりやすくするのがモチベーション曲線です。

分析する

数日間のモチベーション曲線が溜まったら、客観的に見直してみます。

  • モチベーションが上がったときに何があったか
  • モチベーションが下がるのはどんな時か

を見ていくと、傾向が分かってくるはずです。

「月曜日の朝はすごくモチベーションが低かった⇒日曜日に夜更かしして寝不足だったからだ」

「塾の後はモチベーションが高め⇒塾で勉強への意欲が増したからだ」

「金曜日と土曜日は一日中モチベーションを保てた⇒日曜日に友達と遊べるのが楽しみだからだ」

のように、細かく分析していくと、自分のモチベーションが高くなる時、低くなる時が分かってきます。

 

重要なのは、モチベーションの高さを記録しつつ、自分の感情に目を向けること。

やる気が出ない原因や逆にやる気がアップしたきっかけを掴んでいきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 私立の結果を受けて受験生が今やるべきこと|第一志望が私立のお…

  2. 【STEAM教育】目指す人材づくりと課題

  3. 21世紀型スキルとは?変化する社会に対応する力

  4. 「思考力・判断力・表現力」を伸ばすには②

  5. 子どもを伸ばす「自己肯定感」①自己肯定感とは?

  6. 【STEAM教育】どのような教育で、なぜ今注目されているのか…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密