公立高校が第一希望のお子様向け|私立併願校はどう決める?

今回は、受験生向けに併願校のお話をしていきます。

なかでも、公立高校が第一希望となっているお子様の、私立の併願校を決める基準について解説しますので、ぜひ参考になさってください。

お子様のやりたい勉強は出来る?

私立併願校を決定するために「お子様のやりたい勉強ができるか?」を基準にして選びましょう。

学科・コースが違えば、学ぶ内容にも大きな差ができます。

高校ではどのような勉強に力を入れたいのか、お子様がどのような職業に就きたいのか、お子様がやりたいことをできるような私立高校を選ぶのがおすすめです。

「まだやりたいことが分からない」「将来なにになりたいか決まっていない」という状態でも大丈夫。

好きな勉強・得意な勉強・やりたいスポーツなどができる高校であれば、お子様の特性を伸ばすことが可能です。

しっかりリサーチ

私立併願校を決定する際は、しっかりリサーチをしたうえで、総合的に判断しましょう。

  • 学科・コース
  • 部活・学校行事
  • 大学への進学率
  • 通学時間・設備などの環境
  • 学費
  • 受験の難度

100%すべてを満たす学校は、なかなか無いかもしれません。

上記の項目のなかで、何を優先するのかを決めると、併願校にすべき高校が見えてくるはずです。

納得できる私立併願校に決める

第一希望の公立校に入学できるのが一番であり、お子様もそれに向けて一生懸命受験勉強をしていることと思います。

しかし、併願校の決定も疎かにできません。併願校は、あくまでも「通う可能性がある」として考えましょう。

その高校に通うことになったとき、または通い出してから「ここで良かった」と思えるような、納得できる高校を選ぶことが重要です。

 

公立高校が第一志望のお子様が私立併願校を決めるときの参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 受験生のお子さんを持つ保護者の方必見!Q&A

  2. 受験直前、これを頑張った子が成功した【受験生】

  3. ヤバかった定期テストの結果を活かして、次のテスト対策を始めよ…

  4. 受験まで残り4ヶ月!具体的な勉強計画を立てる重要性

  5. 夏休み、勉強以外でやるべきこととは?

  6. 冬休みの有意義な過ごし方~受験生編~

個人指導専門塾で成績が上がる秘密