数学が苦手すぎる子へ、最低限出来るようになるべきこと【中学生】

こんにちは、個人指導専門塾の丹下です。

もうすぐ 11 月。学校行事がひと段落した学校も多いかと思いますが、次は定期テストがありますね。

1年の中でこの時期は、どの学年も、1番数学が難しくなる時期です。

平均点もぐっと低くなり、「どうしたら点数がとれるんだろう…」と頭を抱えている子も多いかもしれません。

そこで今回は、「数学が苦手すぎる子へ、最低限できるようになるべきこと」をテーマにお話します。

授業についていけなくなると、「どうせわからない」「もうやりたくない」と逃げたくなるものです。

そんな中でも必ずやってほしいのが、

① 授業中のノートはさぼらず取る
② 例題を全て写す

です。

 

どうせ授業を聞いてもわからないからと、ノートを取ることさえやめてしまう子がいます。

ですが、それは絶対にいけません。

先生の説明を聞くだけでなく、書くことでより頭に残りやすくなります。

授業を聞いている時は理解できなくても、後で見直した時に何がわからなかったのか、どこからわからなくなったのかがわかるだけでも、大きく違います。

また、ノートは先生が書いている通りに写しましょう。

カラフルできれいにノートが取れていても、内容はさっぱりわかっていない…という子がたまにいます。

ノートを書く目的は、後から復習するためです。

ノートをきれいに書くことが目的にならないようにしましょう。

また、わからない問題があったときは、例題を全て写してみましょう。

「問題の式」「途中式」「答え」をどれも漏れなく写すようにしてください。

1 問写してみて、それでもわからなければ、もう 1 つ類題を同じように写してみてください。

少しでも「わかりそう」「こういうことかな」と思ったら、自分の力でほかの類題を解いてみましょう。

どれだけ数学が苦手な子も、この 2 つは試していけるはずです。

さらに、本当に数学が苦手な中学生でも必ずできるようになってほしいことがあります。それは、

① プラスマイナスの計算(たし・ひき・かけ・わり算とも)
② 文字式の計算
③ 中 1 の方程式

この3つです。

小数や分数が混ざっているものは、とりあえずやらなくて大丈夫です。

この 3 つができるようになれば、どの学年の単元にも得点が取れる問題が必ずあります。

私の教室の生徒でも、どうしても苦手な子には、この 3 つを徹底して反復させています。

この3つの練習をするときも、まずは解説をみて、問題→途中式→答えの順に全て写してみるところからやってみましょう。

 

「数学はあきらめよう」と思うには、まだ早いです。

ぜひ、自分のできるところまで、時には小学生の範囲まで遡って取り組みましょう。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 数学嫌いの原因は“数学”じゃなくて“算数”かも?

  2. 2学期で好スタートをきるコツ!

  3. 通知表の見方(中学生)

  4. 夏休み前!苦手な単元や科目を克服するテスト直しのやり方(数学…

  5. 計算問題の間違い直しをするとき

  6. 数学(算数)のノートをきれいに書くためにしないといけないこと…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。