春休みに出来る中学準備と声かけのコツ

こんにちは、教室長の丹下です。

いよいよ春休みですね。

春休みと言っても2週間ほど。「早く〇年生になりたい!」とワクワクしている子も多いのではないでしょうか。

6年生の子にとっては、中学生=大変というイメージの子がほとんどかもしれません。

私の教室の生徒も漠然と、「勉強が大変そう」「部活が忙しそう」「先輩が怖そう」と不安を口にする子が多いです。

そこで今回は「塾で小学6年生が春期講習期間にやっている勉強」「おうちでの声掛けの工夫」についてお話します。

長期休み(学校がお休み)のときには復習をメインに進めていきます。

特に春休みは、次の学年への準備がメインです。

次の学年になったときにもつながる単元、今すぐ克服しておかないといけない単元を、1人1人見極めて復習していきます。

特に6年生で習った算数は、中学1年生の数学に直結する単元ばかりです。

算数がものすごく苦手で計算も自信がないという子は、分数の計算だけでも特訓しておきたいですね。

私の教室では過去に、分数の計算に慣れさせるために「100マス計算の分数編」をやらせていました。

タイムを教室内で競わせたり、私自身も一緒に混ざってやっていました。

 

また、中学準備で欠かせないのは英語です。

中学になるまでに、少なくともアルファベットは大・小文字ともスラスラ書けるように練習しておきましょう。

余裕があれば、曜日や月、数字なども書けるようにしておくと最初のテストで苦労せずに済みます。

復習メインで行っていると、1学年以上戻っておさらいすることもあります。

その様子を見た保護者の方からすると、

「なんでまだここがわからないんだろう」「なんでこれがわからないんだろう」とイライラしてしまうこともあるかもしれません。

しかしそれを口に出してしまうと、お子さんはやる気を失ってしまいます。

できないという「結果」に対して言葉をかけるのではなく、

戻って復習を頑張っているという「行動」を褒めてあげるように心がけましょう。

塾の先生から言われてやっていることかもしれませんが、難しいこと・苦手なことに果敢に挑戦しているのです。

この気持ちや行動をまずは褒めてあげてください。

思春期の子どもとコミュニケーションをとるのは難しいです。

でも褒められて悪い気分になる人はいません。

「復習してるの?えらいね。」「頑張ってるね。そこお母さんも苦手だったなあ。」

声掛けの言葉をちょっと変えるだけで、お子さんのやる気を損なわず、会話も絶えることがなくなります。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 見やすいノートを作る簡単なポイント

  2. 新しい学年になる前に(中学生)

  3. どうやったらやる気は出るのか?

  4. 理科の“生物や地学”を攻略するためには?

  5. 中学にむけて今から何をやるべきか【小6】

  6. 通知表の見方を見直してみよう

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。