中学生を褒めるときに知っておくべき有効な方法

こんにちは。個人指導専門塾の柴山です。

前回は小学生の春期講習期間に行っている勉強と良い声掛けの方法をお伝えしてきました。

今回は中学生のお話をしていきます。

 

前の記事でお伝えしているように

中学生も春期講習期間に行っていることは、今の学年までの復習です。

数学や英語は積みかさね科目です。

今の学年までの内容の復習をしておかないと新学年でわからないところが出てきてしまい、つまずく原因になります。

そのため、たとえ中学生のお子さんでも小学生の内容まで戻って復習することもあります。

 

次はほめ方についてお伝えします。

ポイントは2つです。

1、共感をする

2、結果ではなく、具体的な行動をほめる

 ひとつづつ見ていきましょう。

 

1、共感をする

この時期の子どもは「認められたい」という気持ち=承認欲求が強いです。

そこで、共感をすることで

『あなたのことを理解していますよ』

『ちゃんと見てますよ』

という思いを伝えることができます。

すると子どもは、自分のことをわかってくれていると感じ、とてもうれしくなります。

理解してくれている人の話は聞き入れやすくなるので

この後にほめる言葉も、子どもは受け止めやすくなります。

 

2、結果ではなく、具体的な行動をほめる

例えば結果というのは、テストの点数や成績表の評価のことです。

結果とは行動の積み重ねです。

その行動の質をあげることが出来れば、良い結果は後からついてくるのです。

そして、具体的であるというのもとても大事な要素です。

「よく頑張ってるね」「集中できてるね」なども効果的ですが、

本人が何を頑張ろうと思って行動したのかをよく見て、考えて、ほめてあげましょう。

例えば、部活動で忙しい子どもが、生活の隙間時間で勉強をしている様子が見られたので

「自分なりに時間の使い方を工夫して取り組めているね」とほめるとします。

すると、子どもは『自分が頑張ろうとしていたことを認めてもらえた』と感じます。

これは、自己肯定感を育てることにつながり

これからも頑張ろうという気持ちになります。

 

中学生は体や心が大きく変化するためどうしても不安定になってしまいます。

それに振り回されてしまわないように、子どもの頑張りを認めて、支えてあげましょう。

投稿者プロフィール

柴山
柴山
個人指導専門塾の岐阜の教室で教室長をしています。
得意科目は数学です。 趣味は最近始めたホットヨガです。
他には球技など体を動かすことが好きです。生徒に、知ることの楽しさや、自分の知識で問題が解ける楽しさを実感してもらえるような授業づくりを心掛けています。

関連記事

  1. 新学年が始まった今、必ずやってもらいたいこと!

  2. テスト勉強のライバル行動とは?

  3. テストに向けてどんな声かけをしたら良い?

  4. 春休みに出来る中学準備と声かけのコツ

  5. 新しい学年になる前に(小学生)

  6. テスト後の間違い直し。保護者ができる声かけ

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

4月27日に代表石田の書籍が発売されます