通知表の見方(中学生)

こんにちは。個人指導専門塾の渡邊です。

もう通知表の季節・・・

こどもの通知表を見るのが怖いなんてこともあるかもしれません。

今回は通知表の見方についてお話をします。

特に中学生の通知表は受験にも関わるため重要です。

中学生の通知表は5段階評価が基本です。

国語・数学・理科・社会・音楽・美術・体育・技術家庭科・英語

の9科目が評価対象となります。

また、愛知県の入試ではこの5段階評価×9科目の45点が点数として使われます。

ですから受験で行きたいところに行くために、軽視できないのが通知表の点数・内申点なのです。

では「通知表の評価ってどうやって付けられているの??」と思いますよね。

学校や先生によっても評価が異なる部分はありますが、基本的には内申点の横にある、各項目のABC評価が重要です。

ここの評価によって5段階評価が付けられます。

たとえば数学なら

  • 関心意欲態度
  • 数学的な見方考え方
  • 数学的技能
  • 数量や図形に関する知識理解

と項目が分かれており、ここにABCでの評価が付くわけです。

ここでもしMさんが

  • 関心意欲態度→B
  • 数学的な見方考え方→B
  • 数学的技能→A
  • 数量や図形に関する知識理解→B

という評価となった場合、内申点は「3」になります。 (同じ評価でも学校によって評定は異なります。あくまで一例です。)

ここから内申点を4に上げたいということであれば

「数学的技能以外のBをAにしよう!」と考えられます

そしてBをAにするための具体的行動を、

「関心態度がBなので提出物や授業態度でAにできる可能性があるな!じゃあ次の学期ではそこをがんばろう!!」

と考え、目標として設定することができますよね。

通知表を見るときは、単純に数字に一喜一憂するのではなく、自分の弱点を克服するための指針にしてくださいね。

関連記事

  1. 成績が上がった生徒と上がらなかった生徒の違い

  2. 新学年を迎えるにあたっての心構え(勉強のやり方の見直し)

  3. 中学校1・2年生がこの一年でするべきこと

  4. 今習う、方程式の文章題がとても大切な理由

  5. 目標は立てるだけでは達成しない???

  6. 最初のテストの重要性②(中3)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加