【テスト直前】高得点をとる人の過ごし方~生活編~

前回は、高得点を取る人はテスト直前にどのように勉強しているのか、についてお話ししました。

勉強をしっかりとしていれば高得点を目指せますが、それだけではまだ足りません。

テスト直前は生活面も気を付けて過ごしましょう。

最低でも8時間の睡眠時間を確保する

「高得点をとる人は、夜遅くまで勉強を頑張っている」そんなイメージはありませんか。

じつは、高得点をとる人ほど、テスト直前はしっかりと寝ています。

寝不足になるとパフォーマンスが落ちます。

テストで普段の実力が発揮できないのはもちろんですが、テスト勉強中もいつもより覚えが悪くなる・集中力が続かない、といった事態になってしまいます。

もう少し勉強がしたくても今日は我慢。明日の元気な自分に託しましょう。

寝る時間は起きる時間から逆算して、最低でも8時間は寝るようにします。

たとえば、6時に起きるのであれば10時には寝る、6時半に起きるのであれば10時半には寝る、といったように考えましょう。

 

朝ごはんをしっかりと食べる

朝ごはんを食べている子は、食べていない子にくらべて10%以上も学力が高いことが分かっています。

国立教育政策研究所「平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査報告書」

脳はエネルギーをたくさん使う臓器です。

主なエネルギー源は、ぶどう糖。フルーツのみで済ませる子もいますが、ご飯やパンなどの主食を食べるのが大切です。

 

さらに、体温を上げる・体内時計をリセットする・脳の活動を良くする、といった働きのあるタンパク質もかならず摂りたい栄養素です。

肉・魚・卵・大豆などのたんぱく質を朝ごはんでしっかりと食べましょう。

体調管理を怠らない

どんなに頑張って勉強しても、テスト当日に体調が悪ければ思うような結果を残せません。

テストで高得点をとるためには、体調管理をしっかりとするのも重要です。

屋内ではマスクをつけつつ、手洗いやうがい、こまめな消毒も忘れずに行います。

もしもテスト直前に「少しおかしいかも?」「いつもと違う」と体調に疑問を感じたら、ムリをせずに早めに休むようにしましょう。

 

学力や健康的な身体は1日で手に入れられるものではありません。しっかりと管理していきましょう。

お子様がテストで良い点数が取れるように、今回の記事をぜひ参考にしてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【受験生向け】焦る気持ちを落ち着かせる上手な休憩の取り方

  2. 【受験生向け】志望校が決まらないお子様に効果的な声のかけ方

  3. 内申点って何?【中1・2】

  4. 【中学生向け】テストで目標達成ができる勉強机のつくり方

  5. 大量に記憶するための記憶術

  6. 夏休みに向けての準備|保護者ができる子どもへのサポート~中学…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密