定期テスト対策|テスト1週間まえの効率の良い勉強法

定期テストの時期が近づいています。

今回は、定期テスト1週間前にやるべき勉強について解説していきます。

 

計画の見直し

テスト勉強を始めるまえに立てた計画を見直してみましょう。

計画通りに進んでいるお子様も、そうでないお子様もいるかと思います。

「もう少し勉強量を増やせるかも」「遅れているから修正しよう」など、気づくことがあるかと思います。

さらに、テスト1週間まえになると部活がお休みに入るので、勉強する時間がいつもより作れます。

計画通りに進んでいないお子様も、この1週間がチャンス。しっかりと計画を見直して挽回していきましょう。

分からない問題は早めに質問

分からない問題や理解に時間がかかる問題は、早めに質問しましょう。

学校の先生でもいいですし、塾で質問してもかまいません。

自分だけで解決しようとするよりも、質問してしっかりと解決すると、スムーズに勉強が進みます。

苦手な教科のワークは3周解く

苦手な教科は、基本問題だけでも3周は解くようにします。

間違えた問題を繰り返し解くことが学力アップのカギ。

「3周も解くのは、今からじゃ間に合わない!」と思うお子様もいらっしゃるかと思います。

「3周」と聞くと、勉強量が多いと思いがちですが、焦らなくても大丈夫。

最初の1周目は「ほとんど解けなくてもOK」という気持ちで。

2周目に半分くらい、3周目でほとんど解けるようになっていれば問題ありません。

最初から完璧にこなそうと思わず、少しずつ完璧に近づければ良いので、ぜひ「ワークの3周」を実践してみてください。

得意な教科も再確認を

得意な教科も再確認をしていきましょう。

ワークの章末問題・授業中にもらったプリントを見直すのも有効です。

改めて得意な問題に取り組むことで「分かったつもり」になっていた部分に気づくことも。

 

「分からない」「できない」の解消が成功の素

定期テストで良い点数を取るためには、分からない問題やできない問題を「分かる」に変えるのが重要です。

すべての教科のすべての範囲を、同じように勉強し直すのでは、効率がよくありません。

そこで、できない問題をワークで確認して、間違えた問題を中心にテスト勉強を進めていきましょう。

定期テストは、内申点にも影響する大切なテストです。また、範囲もそこまで広くないため、高得点を狙うこともできます。

お子様が効率良くテスト勉強ができるように、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

参考:テスト1週間前にやるべき勉強とは?

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. コロナ禍による授業の理解度低下が心配!?保護者の方が出来るこ…

  2. GWでやること③

  3. 新年度・周りと差がつけられる行動【中学生版】

  4. 新しい学年になる前に(中学生)

  5. 数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

  6. テスト1週間前にやるべき勉強とは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密