勉強ができる子のテスト勉強の仕方

こんにちは。個人指導専門塾の渡邊です。

さて、GWも明けるとテストが近くなるので、テスト勉強を本格的にスタートしていきたいですね。

この時期は保護者の方から

「テスト勉強では何をやらせたらいいのでしょうか?」

という質問を多く聞きます。

テスト勉強でも暗記だったり計算だったり、何をやるのかで効率の良い方法は変わってきます。

しかし、今回は科目で使える勉強法」をご紹介したいと思います。

 

とても単純です。それは・・・

『テストの提出物になるテキストや学校のワークをやり込むこと』です。

 

では、具体的な方法をお話します。

①テストの提出物になるテキストやワークをテスト週間になる前にやる

なぜそれをやる必要があるかというと、テスト前は提出物に追われてしまい、

・暗記や苦手なところを集中する

・全範囲をできない

という子どもたちをたくさん見ていたからです。

 

「もっと早くはじめていれば・・・」

「提出物でテスト期間は終わってしまった」

「暗記が全部できなかった」

 

だからこそ、スト期間が始めるまでに提出物をすすめて

余裕をもってテスト勉強をさせる必要があります!

 

ですが、提出物の範囲が発表されるのは、テスト週間に入ってからの学校がほとんど。

提出物の範囲が出ていないのに、どうやってやるの??とよく聞かれます。

 

テストでは基本的の今まで勉強していた内容が範囲となります。

つまり

『今までの授業の復習として、授業で習ったところまでをやればいい』んです。

 

②提出物は可能なら2~3回やる

定期テストでは、提出物のワークから出されることも多いです。

類似問題だったり、全く同じ問題がでたりすることもあります。

ですので、提出物は可能なら2~3回やることで事前の対策がしやすいです。

また、一度書き込みをした提出物を繰り返しやるのには、ページをおることで隠すことができるものはよいですが、

そうでないものは付箋を使って前の回答を消してやるといいです。

 

テスト勉強ではもちろんノートにまとめたり、暗記に力を入れたりなどの勉強も必要です。

ですが、ここのページから出ますよと発表されているのであれば、

そこを重点的にやることが大切です。

 

関連記事

  1. テスト勉強をする前に計画を立てましょう!

  2. 中学校1・2年生がこの一年でするべきこと

  3. テスト勉強はどうやるの?(数学)

  4. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  5. 新学年が始まった今、必ずやってもらいたいこと!

  6. 間違え直しの重要性

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加