数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

こんにちは、個人指導専門塾の服部です。

いよいよ学年末テストが近くなってきましたね。

今日は「中学の数学のテスト勉強」についてお話ししたいと思います。


 

まず、私は生徒にテスト前には必ず

「学校のワーク」を3回やるように伝えています。

もちろん出来る子と出来ない子が現れます

 

 

では、なぜ3回なのでしょうか?

正直、回数に意味はありません。目的としては【問題を覚える】事なんです!

 

地域によりますが学校のテストはかなりの確率で「学校のワーク」から出題されます

なのに30点・40点以下といったお子さんは多いのでは無いでしょうか?

 

保護者としては「なぜ?」とか、

ワークやテストを確認している保護者さんであれば

これ、ワークにあったよね!」と思うはずです。


 

そこを改善するためにもっとも効率がいいのは、

数学の出題パターンを覚えてしまうことです。実はそれほど多くないんです。

回数を何度も行って、問題の形(パターン)を覚えるのです。

 

問題に取り掛かるときに、どこを見るかさえわかれば簡単に解くことが出来ます。

 

 

たとえば、1年生であれば「方程式」で

「整数+文字」の組み合わせの等式は解けるのに、

「分数+文字、小数+文字」の等式になると解けない子っていませんか?

 

そういう場合は、「分数、小数」を「整数」に変えるやり方を覚えるだけで解けます。

数字は「整数、分数、小数」の3つしかないので、1つのパターンを覚えれば楽になります。

 

また、2年生であれば「連立方程式の利用」でよくつまずく子がいますが

大まかに 速さ・濃度・割合 などの3パターンに分かれており、

そこからさらに解き方として3から4パターン分かれます

 

図形などもそうですが、テスト時に

あっ!これみたことある!」と思うか

うわ~、なんだこれ?」と思うかで全然違ってきます。

その「見たことある問題」を増やすためにも「学校のワーク」を3回やらせています。

 

1回を解説までノートに書き、覚えようとして勉強する子も居ます。

もちろん、これも正解です!

勉強嫌いなお子さんはワークなど答えを丸写しで終わり。つまりすぐに勉強から逃げてしまっています。

 

持論ですが「勉強」は皆さん「逃げる」っていいますよね?

「運動・部活」は「サボる」って言いますよね。

結局、「勉強」は受験などでどうしてもやらなくてはいけないので、

あとから追ってくるんですよね。

なので、「逃げる」って言うのだと思います。

 

今逃げてしまったら、後で絶対後悔します

まずは、「学校のワーク」に載っている所だけでも点数をとってもらえるように声をかけ、

ワークをやればできるんだ!」ってお子さんに思わせてあげてください。

投稿者プロフィール

服部
服部
個人指導専門塾 塾長の服部です。 得意な教科は数学です。 趣味は旅行で、最近は古い街並みにはまっています。 生徒達には、まず塾には笑顔で楽しんで来てもらいたいです。 「勉強は嫌々な顔でせず、にこにこしてやってもらう」を心がけています。 「やる時はやる。やるべき事はやる。」そんなメリハリを持たせてあげたいと思っています。

関連記事

  1. 今から次の学年までにやっておきたいこと(高学年)

  2. 英語を好きになるきっかけを作ってあげよう!(体験談)

  3. 読書をより“勉強”につなげてみよう!

  4. 新しい学年になる前に(小学生)

  5. 理科の“生物や地学”を攻略するためには?

  6. 自己効力感を維持する2つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密