タイマーを使って勉強してみよう

こんにちは。個人指導専門塾の柵木です。

夏休みももう4分の1が終わってしまいましたね。
「もう宿題終わったよ」という声も聞きます。

宿題は早めに終わらせて、夏休みを楽しむ時間も大いにとってもらいたいものです。

この時期、時間が空きすぎてダラダラとしてしまい、
「長時間机に向かったのに進んだページはちょっとだけ・・・」ということも起こりがちです。

そこで、今回は時間を有効に活用する方法をご紹介します。
特別なものは必要ないです。
その方法とは「時間を測って勉強する」ということです。

必要なものは「タイマー」です(キッチンタイマーのようなものでいいです)。

内容は単純です。

①テキストを準備

②タイマーをセット(20~30分)

③解き始める

④タイマーが鳴ったら「テキストに線を入れる」←ここが重要

⑤タイマーをセット(20~30分)

以降、③~⑤を繰り返す。

目的は「メリハリをつけること」「どれくらいの問題、ページを何分で進められるか目視すること」です。

メリハリは大事です。

分からない問題をいつまでもダラダラと考えてしまうときはないでしょうか。

勉強時間と一緒に休憩時間も設定しないと、いつまでもダラダラと過ごしてしまいます。

 

さらに、20分ごと、30分ごとに線を入れることで「自分は20分でどれくらい進むのか」がわかります。

すると、「前は20分で20問、今日は20分で15問!じゃあ次は……」みたいに少しずつ成長を感じることもできます(ゲーム感覚で勉強が出来ます)。

このように今まで勉強には使ってなかったものを利用することで、
効率よくなること、やる気が出るということはよくあります。

新しい文房具を買ってもらったら少し勉強してみようかな、と思うものです。

考えることが大事、を「考えれば勉強なんだ」と勘違いして1つの問題に10分20分と時間を取り、

時間だけで勉強した気になって宿題も終わらず……という子は多いです。

時間を決めて効率よく勉強しましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 漢字が大大大っ嫌いだった女の子の話(体験談)

  2. 読解問題を“効率の良く”読めるようになった女の子の話(体験談…

  3. 算数の文章題を練習しよう

  4. 面積・体積を求める問題が苦手な子へ!(小学生向け)

  5. 「テスト慣れ」の為に数字を記録せよ!

  6. 勉強が「難しい」と感じたときにするべきこと

個人指導専門塾で成績が上がる秘密