【集中力アップのテクニック】やることリストでタスク管理!

机に向かい勉強を開始しても、すぐに集中できないときもありますよね。

  • 勉強を始めてもなかなか集中できない」
  • 「集中力をアップさせる方法を知りたい」

今回は、そんなお悩みを持つお子様や親御さんに向けて、集中力をアップさせるテクニック紹介しますね。

「やることリスト」をつくる

机に向かったら問題を解く前に、まずは「やることリスト」つくりましょう。

やることリストの作成は、今やるべきことが明確になり、集中力アップにつながります。

また、やることを視覚化・終わったらチェックを入れることで、1つずつクリアしていくことへの意欲も増します。

最初は、上手くつくれなくても大丈夫です。

リストづくりが習慣化するころには、分かりやすい自分なりのリストをスムーズにつくれるようになると思います。

効果的な「やることリスト」の活用

やることリストの内容は、具体的に書きましょう。

やりたいことがたくさんあっても、詰め込み過ぎは禁物余裕をもたせたリストをつくります。

リストに書く項目は「今日1日」で終わる量にしましょう。

数学 ワーク P21~24
国語 復習 P28~29
英語 単語暗記 15個

例えば、上記のように、今やるべき項目を書いていきます。

さらに、リストのなかで優先順位をつけることが、集中力アップのポイントです。

勉強中に「どこまでやれば良かったかな?」「どっちを先にやろうかな?」と手が止まってしまうと、集中力途切れてしまいがちです。

優先順位をつけることで、どんな順番で何をやればいいか明確になるので、勉強が進めやすいというメリットがあります。

今回お話した「やることリストは、一般的にタスクTODOリストと呼ばれるものです。

このような、リスト作成の習慣は集中力アップだけではなく、仕事のやり忘れがなくなったり効率化が図れるなど、大人になっても活躍します。

やることリストのつくり方をマスターして、お子様の集中力アップするように、サポートしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. この時期、塾講師が受験生の勉強で実際に気をつけていること

  2. 行動が三日坊主になる意外な理由

  3. 【成功事例】子どもが家庭学習をするしくみづくり

  4. 早寝早起きをしたい人へ、ちょっとした習慣で生活が変わる!

  5. 簡単にできちゃう、作文の練習方法!

  6. 新年の目標を決めよう①行動に着目!

個人指導専門塾で成績が上がる秘密