子どもに習慣を身につけさせる方法~達成感と承認で毎日机に向かう子に~

先日、当塾に通っている5年生のYくんの保護者様からこんな相談がありました。

中学生に向けて、家庭学習の習慣を付けさせたい。テキストを買ってきて「毎日1ページずつやろうね」と約束しようとしても、「友だちはやってないからやりたくない」と言われてしまいます。本人がやりたいというまで諦めたほうがいいのでしょうか。

そこで今回は、子どもに習慣を身につけさせる方法について、お話ししていきますね。

小学生の間に家庭学習は身につけるべき

「友達がやっていないから、自分もやりたくない」というのは、ごく当然の、素直な意見だと思います。

「友だちがやっていない」がやらない理由になっているのであれば、逆に「やりたい」と思える理由作りをしましょう。

家庭学習をやりたいと思える理由づくり(動機付け)として、おすすめしたのは以下の2つ。

  1. 簡単な課題にする
  2. 達成したら、カレンダーにシールを貼る

この効果は本当に絶大で、小学生ほど、はまります。

毎日付けに向かえるようになる仕掛け

まず「それくらいなら」と本人が思える行動課題を決めます。

Yくんの場合、漢字練習が好きだったので「毎日3つの漢字を5回ずつ練習する」にしました。(5分もあれば終わるような内容です。)

次に、テレビ横のカレンダーに、達成したらシールを貼るというルールを作ります。

これを続けていくと、お子様は毎日、達成感を味わうことが出来ます。

また、お父さんなどが気づいたときに「今日も頑張ったのか!」「すごいね!」と褒めてあげる、ということも事前に決めておきましょう。(「今日はやってないのか!」と注意するのは厳禁。)

  • 簡単な課題を子どもと一緒に決める
  • カレンダーに毎日シールを貼って達成感を味わう
  • 承認(認めて)してもらう

これらは、家庭学習の動機付けで非常に大きな役割を果たします。

「毎日漢字3つだけだと意味がないのでは?」「5分だけを続けても習慣化できないのでは?」と思う保護者様もいらっしゃると思います。

しかし、この“簡単な課題”は、今後お子様が当たり前のこととして毎日机に向かうための「入り口」です。

達成しやすいスモールゴールの積み重ねが、家庭学習の習慣化につながります。

また、保護者様から認めて(褒めて)もらうことは、お子様にとっては、とても大きなご褒美です。

さらに、自分の頑張りが目に見える(シールが増えていく)ので、達成感が家庭学習の動機付けとなるのです。

今、Yくんは保護者様と協力して、この方法で家庭学習を1カ月続けています。

必ずしも「成績に直結している」といった段階ではありませんが、大きなストレスもなく続けられているようです。

これをさらに2ヶ月ほど続けることが出来れば、Yくんは家庭学習を習慣にすることが出来るでしょう。

この方法は根気が必要ですが、どのお子様にも有効で、確実な方法です。

お子様の家庭学習を習慣づけるために、ぜひ試してみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. GWの学習計画を立てましょう(中学生向け)

  2. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 後半

  3. 目標は立てるだけでは達成しない???

  4. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 前半

  5. 家庭学習ができる子に~自主性・習慣化がカギ~

  6. 受験生は夏までが肝心!それはなぜ?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密