悪い習慣を良い習慣に変えるためには①~言語化と可視化がカギ~

「勉強しなくちゃいけないことは分かっているのに、いつもゲームをしちゃうんだよね」

「帰ってきたらすぐに宿題をやるって親と約束したのに、ついつい漫画を読んじゃう」

そんなお子様も少なくありません。

子どもの悪い習慣を良い習慣に変えることができたら…多くの親御さんの悩みでもあります。

そこで今回は、お子様の悪い習慣を良い習慣に変える方法について、3回に分けてお話していきますね。

言語化と可視化がカギ

悪い習慣をなくして、良い習慣を身につけるためのカギは「言語化と可視化」です。

自分の行動や思考を言語化することは、思考整理につながります。

また、可視化することで、より分かりやすくなります。

「悪い習慣をなくす・良い習慣を身につける」どちらにも共通して有効なのが、言語化と可視化なのです。

悪い習慣(過剰行動)

分かってはいても、ついついやってしまう“悪い習慣”。

ダイエット中だからダメだと分かっているのに、ついお菓子に手が伸びてしまったり、12時までに寝ようと思っているのに、スマホを見ていて遅くなってしまったり。

そんな経験のある保護者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

お子様の場合も同じで、ゲームをやり過ぎてしまったり、漫画を読んで宿題をやり始める時間が遅くなってしまったり。

このような、なくしたい悪い習慣は「過剰行動」と呼び、コントロールすることが可能です。

良い習慣(不足行動)

なかなか続かないけど、本当は継続したい“良い習慣”。

毎日1時間のウォーキングをしようと決心したり、自己啓発のために寝るまえの30分を読書に充てようと思っても、習慣化するのはなかなか難しいですよね。

続けることが大切ですが、簡単に続けられる方は多くありません。

これをお子様のケースに当てはめると、帰宅後すぐに宿題にとりかかることや早起きなどが挙げられると思います。

このように、身につけたい良い習慣は「不足行動」と呼び、過剰行動と同じくコントロール可能です。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 自主勉強の第1歩とは

  2. 家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組…

  3. 家庭学習定着のために

  4. 家庭でのルール決め

  5. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  6. 保護者が出来る受験生のモチベーションを保たせる方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密