悪い習慣を良い習慣に変えるためには②~悪い習慣をなくす方法~

前回は、なくしたい悪い習慣「過剰行動」と、身につけたい良い習慣「不足行動」について、どちらもコントロールができるとお話しました。

では、その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、悪い習慣(過剰行動)をなくす方法をいくつかお話したいと思います。

悪い習慣を分析する(可視化)

まずは、なくしたい悪い習慣を分析してみましょう。

具体的な分析方法は、その習慣による「利益」と「損失」を書き出すことです。

ゲームを30分以上することを例に考えてみましょう。

利益

・楽しい

・友達との話題が作れる

・レベルアップできる(友達に自慢できる)

損失

・親に怒られる

・成績が上がらない(むしろ下がるかも)

・時間を費やす

利益よりも損失のほうが大きい気がしませんか。

悪い習慣をなくすためには「このまま続けてもメリットが少ないな」「このまま続けたらマズイことになるな」と自覚することが大切です。

目標を紙に書き出す(言語化)

つづいて、悪い習慣をなくす目標を紙に書き出してみましょう。

「30分以上ゲームをしない」「宿題が終わるまで漫画を読まない」

すぐに思いつく目標は、こんな感じでしょうか。

悪い習慣を“なくす”ことに意識がいくので「○○しない」という目標になりがちですが、紙に書き出すときは、肯定文で書くのがおすすめです。

  • 決めた時間以上にゲームをしたくなったら、ワークの問題を5つ解く
  • 漫画を読みたくなったら、宿題をする
  • スマホを見たくなったら、親にスマホを預ける

このように、「〇〇する」といった形で目標をたてるようにしましょう。

「ワークの問題を5つ解く」「宿題をする」「親にスマホを預ける」のほうに意識が向くので、より達成しやすくなります。

レコーディング

悪い習慣の利益と損失が分かり、目標を肯定文で書くことができたら、つぎは記録(レコーディング)をおこないます。

具体的には、何時から何時までゲームをしたのか「ゲームをした時間」を棒グラフなどで記録していくことです。

そして、やってもいいと決めている時間(例えば30分間)には、青で印を。余分にやってしまった時間には、赤で印をつけていきます。

そうすると「こんなに時間をオーバーしてしまっているのか…」と気づくはず。

それによって、罪悪感を覚えると思います。この罪悪感を利用して悪い習慣をなくします。

また、悪い習慣がなければ(ゲーム時間を守っていれば)、記録する必要はありません。

記録することを面倒だと感じる気持ちも、悪い習慣へのブレーキとなります。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 理科って本当に“暗記科目”ですか?

  2. 勉強上手になるために、時間を見つけるプロになろう

  3. 新年度から今までを振り返ってみよう

  4. テストが終わったらできること、保護者の方ができること

  5. 目標は立てるだけでは達成しない???

  6. 小学生のうちからできる中学英語準備

個人指導専門塾で成績が上がる秘密