家で「宿題以外の勉強」をやらせるにはどうしたら良いの?

こんにちは。個人指導専門塾の三井です。

この時期、定期テストが終わってひと段落しているお子さんも多いかもしれませんね。

ただ、ここで気を抜かずに、テストで間違えた問題をやり直したり、苦手な単元を復習しておくなど
もうひと踏ん張りしたいところですね。

今回は、保護者様からのお悩みので本当に多い
『宿題以外の勉強をやってくれない!』
についてお答えしたいと思います。

宿題を終わらせたらすぐゲームばかりで!
『宿題以外の勉強をしたら?』と言ってもなかなかやらない!」

このような悩みを持たれる保護者の方はたくさんいます。
ではなぜ、お子さんは宿題以外の勉強が出来ないのでしょうか?

答えは簡単で、、宿題以外の勉強のやり方を知らないからなのです。
「やり方が分からないって・・・。苦手なところをやれば良いのでは?」と思うかもしれません。

でも、苦手なところをやるには
お子さんは何をやれば良いのか考えるところから始めなければいけないのです。
これは、お子さんにとって宿題をやるよりもハードルが高いことなのです。

なぜなら宿題は先生が決めてくれるので、やることが決まっていますよね。

「苦手なところを勉強すればいいのに」、
「計算とか漢字とかなんでもいいから勉強すればいいのに」
これだと子どもからしたら何をすればいいのか分からないです。

宿題以外の勉強が出来ていないようなら、
何を勉強するべきか具体的に伝えてあげましょう。

そこで、始めこちらでなるべく具体的に「何を」、「どうやって」勉強するのかを提示してあげましょう。

例えば

「月曜は計算ドリルで1 ページ、火曜は漢字を5 つ覚える、水曜は国語の教科書の物語を
2 つ読む…」と曜日で決めたり、

「毎日家に帰って夕飯までの間は勉強の時間にする」など・・・。

「勉強しなさい」の一言だけでなく、その勉強の内容や勉強する時間までを
お子さんと相談して決めてみてください。
内容と時間を一緒に決めてあげるだけでも、勉強に対するハードルはガクンと下がりますし
自分できめたことであれば行動促進にもなります。

「毎週〇ページやったら、今月末までには〇ページ出来るね。」など
見通しを立てて目標を共有するのも効果的です。
宿題以外の勉強が進まないお子さんをお持ちの保護者の方は、是非参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 自己効力感を維持する2つのポイント

  2. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  3. 勉強する時間帯によって効果が変わる!?休校中に知っておきたい…

  4. GWでやること④

  5. 家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組…

  6. ゴールデンウィークでやること①

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。