小5,6年生は冬休みどんな勉強をしたら良いの?【小学生】

こんにちは。個人指導専門塾の柵木です。

待ちに待った冬休み。遊びの計画をたくさん立てているお子さんもいらっしゃるでしょう。

ですが、ただ遊んでばかりはいられません。

小 5 は 1 月からつまずきやすい単元である「割合」に入りますし、小 6 は中学生に向けて準備をしていかないといけません。

その為、冬休みの過ごし方はとても大事なのです。

皆さんは、きちんと冬休みの計画を立てられていますか?

小 5,6 年生は、この冬休みどう過ごしたら良いのか、考えてみましょう。

私たちが冬休みにやるべきこととしておすすめするのは、

「何か一つ目標を決めて、それを達成する」ということです。

大きな目標でなくても構いません。

むしろ大きすぎる目標より、確実に毎日前進していることを実感できるような目標が良いでしょう。

「冬休み明けの小テストで満点取れるように勉強する」よりも

「漢字を毎日5個ずつ練習する」とか「計算問題1日5問解く」などです。

このように、具体的で、出来たか出来なかったかがその場ではっきりわかる目標を、行動目標と言います。

中学生になると定期テストが始まります。

定期テストで上位に入るためには、日頃から勉強する習慣を身につけていることが必要です。

その時に「毎日机に向かうのが苦痛で仕方がない」となってしまっては、中学のスタートで一気に遅れをとってしまいます。

今のうちから勉強の習慣をつけるために、

まずは少なくても良いので「決めた量をやりきる」こと、

機械的にただ解くだけではなく、「○○ができた!」という経験を意識的に積み重ねていくこと

が大切です。

毎日の行動目標と共に「○日までにこれだけの量をやりきる」という目標をつくるのもおすすめです。

この時期だと、期限は年末までが良い区切りになるでしょう。

新年を迎えるまでに

「ここまでやり切った」という経験を作らせること、

短い期間でもやりきる、という目標のもとで行動すること、

これらが出来れば、今後の自信につながります。

 

もし、すでにそこまで出来ているなら、次は「できた」経験を増やしましょう。

それにはやった問題の解き直しが一番です。

算数なら計算で出来ていないところを繰り返し解いて解けるようにしましょう。

算数は、解き方を丸暗記してしまっても大丈夫です。

たまに、理屈がわかってないのに解き方だけ暗記するのは意味がないと思う方がいらっしゃいます。

ですが、算数は解き方を覚えてしまってその後理屈を理解する方がスムーズにいくパターンが多いです。

数字が変わったら解けない、ということは実際はあまりありません。

そうなるのは単純に解く量が足らないのです。

漢字の場合は自分でテストを作ってみて、できるか確かめるのも手です。

他の科目でもそうですが、自分でテストを作ってみると覚えやすい、ということもあります。

短い期間だからこそ、ここで何をやりきるか考えて実行し、自信をつけて新年を迎えていきましょう。

投稿者プロフィール

柵木
柵木
柵木 康弘(ませぎ やすひろ)
得意科目は、数学と理科です。
矢作、百々西教室を担当しています。

日々、子どもたちの良い所や成長を見守り、たくさんほめてあげたいと思っています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 今回のテスト結果を次に生かすために、親は何を話せば良いのだろ…

  2. 小学校の英語が変わる!家では何をすれば良い?

  3. 勉強をするとき、短い時間で効果を上げるためには

  4. 中学に向けて今から気を付けるべきこと【小学生】

  5. 途中式を書かないと正答率が下がる!?

  6. 新学習指導要領で変わる英語とその対策

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。