小学生の夏休み|集中して勉強するために子どもができることと親ができること

夏休みは集中して勉強をする絶好のチャンス。

とはいえ、7月中はあまり勉強できていないお子様もいるかと思います。残りの夏休み期間を充実させられるような工夫が必要です。

 

子ども自身ができること

順調に勉強が進んでいる子もそうでない子も、この段階で一度、夏休みの学習計画を見直しましょう。

「もう少し時間を増やせるかも」「このままでは計画倒れになってしまう」など、学習計画をみていくと気付くことがあるかと思います。

勉強が遅れている子は「遅れているからもうダメだ」ではなく、計画を修正してここから頑張れば良いのです。

毎日の勉強を“ノルマ”ではなく“習慣化”するイメージを持ちましょう。

お子様の性格によっては、「修正する」というより「新しく今日からの学習計画を作る」のも有効。

登山と同じで、何事も一歩一歩が大切です。一歩進まなければ頂上へはたどり着けないのと同時に、一歩ずつ踏み出せば必ずたどり着けます。

 

子どもの勉強のために親ができること

自己肯定感がアップすると「しなくてはならない」が「したい」に変わります。

親御さんは、お子様の勉強時間や学習内容を管理するのではなく、徹底的に【サポート】しましょう。

お子様が一人ではなかなか勉強できないのであれば、塾を利用する、図書館で勉強をする、といった方法も良いかと思います。

また、計画通りに勉強できていなくても、まずは勉強したこと自体を褒めてあげてください。

そのうえで「明日は10分増やしてみようか」「間違った問題を集中的に復習すると効率が良いんだって」「〇〇くん(ちゃん)ならできるよ」といった声掛けも大切です。

  • まずは行動を褒める
  • 効率の良い勉強の提案
  • 励まし

の3点を意識して声掛けをできるといいですね。

 

また、お子様へのご褒美の一環として、親子で楽しく過ごす時間も確保していただけたらと思います。

勉強も遊びも充実した夏休みが過ごせるように、お子様のサポートをしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 勉強する時間帯によって効果が変わる!?休校中に知っておきたい…

  2. 算数の家庭学習、どんなことやっていますか?【小学生】

  3. 目標は立てるだけでは達成しない???

  4. 【受験生向け】夏休み中にできるワンランク上の行動②

  5. 効果が出る!勉強時間を上手につくる方法

  6. GWの学習計画を立てましょう(中学生向け)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密