勉強の習慣づけのコツ

こんにちは。個人指導専門塾の服部です。

昨日は、保護者の方のお悩みについて書きました。

(☆家庭学習習慣をつけるためには https://senmonjuku.com/kateigakusyunosyukan/)

今日は、習慣づけについて、自分自身が保護者の方と連携をとって行なっている事例を1つご紹介したいと思います。

まずは、私がやっている事は何かというと

家庭学習の内容は、まず生徒自身が自分の力でできる事から始めていきます。

例えば、前学年のものだったり、場合によっては、3,4学年下げて進めていきます。

やる量も、毎日見開き1ページだったり、2ページだったりと生徒と相談して決めていき、無理のないようにしていきます。

宿題や自主勉強が終わったら、保護者の方にチェックしてもらうことをお願いする場合もあります。

 

前回お伝えしたように、癖づけは「小学高学年~中学1年の間」です。

その間にきちんとやる習慣(時間)を作って上げる事が重要です。

保護者の方と話をすると「予定が入って勉強時間がずれる。」という言葉もよく聞きますが、

癖がつくまではできる限り決まった時間にできるようにしていきましょう。

癖がつけば、ずらしてもいいですが、それまではなるべく決まった動きをさせてあげて下さい。

勉強時間も、最初から1時間とかではなく、まずは、30分でも良いです。

できるようになってから、少しずつ長くしていきましょう。

 

そして、ここからがポイントです。

まずは、できたかどうか確認してあげる。

そして、できていれば褒めてあげる。

この繰り返しでが大事です。そうすることで。習慣はついていきます。

簡単なことから始めて、きちんとしたサイクルを身につけさせていきましょう。

投稿者プロフィール

服部
服部
個人指導専門塾 塾長の服部です。 得意な教科は数学です。 趣味は旅行で、最近は古い街並みにはまっています。 生徒達には、まず塾には笑顔で楽しんで来てもらいたいです。 「勉強は嫌々な顔でせず、にこにこしてやってもらう」を心がけています。 「やる時はやる。やるべき事はやる。」そんなメリハリを持たせてあげたいと思っています。

関連記事

  1. 家庭学習の習慣をつけるためには

  2. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 前半

  3. 「勉強できる環境」って一体なんだろう?

  4. 新しい学年になる前に(中学生)

  5. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  6. GWの後から心がけるべきこと(中1向け)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加