数学嫌いの原因は“数学”じゃなくて“算数”かも?

こんにちは、個人指導専門塾の服部です。

今回は「算数は大事!」ということを伝えたいと思います!


 

私の記事では色々な算数・数学の勉強法について書かせていただいていますが、

その土台には「小学校の算数」があります。

 

塾の講師として保護者さんと話す機会がある中で、思うことが一つ。

小学校の算数を軽視していませんか?

 

 

算数と数学にはこんな違いがあります。

算数は「計算の正確性や正しい結果を得る事」に価値がおかれています。

数学は「正確な答えではなく、答えに行き着くまでのプロセス」に価値がおかれています。

 

では、ここで考えてみてください。

数学で計算力は付くと思いますか?

 

答えは限りなく「NO」に近いです。

数学で重要視しているのは「プロセス」です。

よって、丁寧に計算の仕方を教えてくれません

 

「1+1=2だよ」っと教えてくれるのが算数です。

「では、なぜ、2になるのか?」を考え学ぶのが数学です。

よって、計算力は算数でしか身に付きません

 

前回、説明した通り「足し算」は普段から使っているので皆さん暗算が出来ます。

でも、ほかの計算は滅多にしませんよね

 

算数は計算の仕方・形を覚えれば出来る問題です。

なので、形(計算のルール)をしっかりと覚えなければならないのです。

中学の試験となれば 計算問題が約3割でます。

ここで計算がわかっていなければ捨てることになるのです。

 

勉強の基本は「読み書き計算」です。

中学生で「数学」が苦手な子は実は小学生の計算が全くできていない子が大半です。

 


 

 

でも、『計算が苦手かも?』と感じていたら大けがする前に治療しましょう。

中学3年が近くなると塾に来られる保護者さん・生徒さんは多いです。

でも、正直、『本当に時間が足りない』ってことが多いんです。

 

風邪から肺炎になって病院に行くのと一緒なんです。

なんで、こんなにほっといたんですか!」って言いたくなっちゃう時もあります。

なので、「算数」は軽視せず本当に気を付けておいてください

「算数」は本当に土台の部分なので、特に4,5年生はミスがあれば修正をしてあげてください

 

投稿者プロフィール

服部
服部
個人指導専門塾 塾長の服部です。 得意な教科は数学です。 趣味は旅行で、最近は古い街並みにはまっています。 生徒達には、まず塾には笑顔で楽しんで来てもらいたいです。 「勉強は嫌々な顔でせず、にこにこしてやってもらう」を心がけています。 「やる時はやる。やるべき事はやる。」そんなメリハリを持たせてあげたいと思っています。

関連記事

  1. 分数が苦手すぎた中3受験生のお話

  2. 数学(算数)のノートをきれいに書くためにしないといけないこと…

  3. 国語の“苦手”を見極めよう!②

  4. ノートまとめのやり方(英語)

  5. 今から次の学年になるまでにやっておきたいこと(低学年)

  6. 長文もコツを掴んでサラサラ読もう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密