スタートが肝心!2学期の初めにやるべきこと

こんにちは。教室長の丹下です。

9月になりました。いよいよ新学期が始まりましたね!

2期制の方も、夏休み明け心機一転再スタートといったところでしょうか?

再スタートということで、私も生徒たちと改めて通知表の話をしたり、2学期の目標を確認したりしています。

そこで今回は、「目標を決めてスタートを切ろう」をテーマにお話します。

何か新しいことを始めるときは、「これをできるようにする」「これを達成する」と目標を立てることから始まると思います。

そのために「これを毎日やる」「これを心がける」など、目標を達成するためにどうすれば良いか考えてから、物事を始めます。

新学期がスタートした今、ぜひ何か目標を決めてこれからの学校生活を送ってほしいですね。

 

目標と言っても難しく考えることはありません。

「次の通知表ではここまで成績を上げる」「次のテストは〇点とる」という大きな目標から、「1日1回は発言をする」「忘れ物をしない」などの小さな目標まで。

何でも構いません。小さな目標でもそれを達成していくことで、達成感が得られます。

大きな目標ほど得られる達成感は大きいですが、長期間で1度しか味わうことができません。

小さな目標は、小さいかもしれませんが、何度もその達成感を味わえます。積もれば大きな効力感となります。

 

また、決めた目標は誰かに伝えてみてください。

保護者の方は、ぜひお子様の目標を聞いてあげてください。一緒に決めてあげるのもいいです。

意外と一緒に決めたことって覚えているものです。

それは私が生徒と面談しているときによく感じます。

通知表が返ってきたときに話したことを「どうせ覚えていないだろう」と思いながら、3か月後同じように通知表を手に聞くと、

「○○だよね!」とすぐに返してくれる子が多いです。

保護者の方にとっては、お子さんを褒める機会を増やすことにつながりますし、

お子さんも目標を達成できる上に、親に褒めてもらえて、二重に嬉しいと感じることが出来ます。

 

なんとなく始める、始まる、のはやめましょう。

何か「これ!」というものを決めてから取り組めば、思った以上の結果が出るはずです。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 成功体験から学習意欲を引き出そう

  2. 受験生の勉強意欲を掻き立てる、保護者がしっておくべき励まし方…

  3. 一年後の目標は曖昧に立ててはいけない!?

  4. 好きな勉強をこれからも好きでいてもらうためには

  5. 新学年を迎えるにあたっての心構え(小学生→中学生へ進級)

  6. 目標達成のために必要な行動を子どもから引き出す方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。