新年の目標を決めよう①行動に着目!

明けましておめでとうございます。

日々成長していく子どもたち。私たちは、今年もお子様が笑顔で健やかに育ってくれるよう願っております。

また、今後も保護者の皆さまの心に寄り添い、さまざまな情報を発信してまいりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

保護者の皆さま・お子様たちにとって充実した年となるよう、今回は「新年の目標の決め方」「保護者の方のサポート」について、2回に分けてお話ししたいと思います。

結果目標と行動目標

まずは、新年の目標を決めましょう。

目標には、以下の2つの種類があります。

  1. 結果目標
  2. 行動目標

結果目標は「結果」に着目した目標、行動目標は「行動」に着目した目標です。

たとえば、

  1. 5キロ痩せる(結果目標)
  2. 毎日30分のウォーキングをする(行動目標)

というのが、それぞれの目標となります。

結果目標を重要視する方も多いですが、結果目標だけでは、漠然とした目標になりがちです。

「5キロ痩せる」といった目標はあっても、具体的な「何をどう頑張れば良いのか」が明確ではないからです。

 

決意は大切なことですし、結果目標も必要ですが、重要視したいのが「行動目標」

「何をどう頑張れば良いのか」を明確にしておくことです。

お子様の目標を決めるのには、より具体的な「行動に焦点を当てた目標」が有効なのです。

行動目標の立て方

目標を決めるときは、ワクワクした気持ちになったり、頑張ろうとやる気が湧いたりしますよね。

そのモチベーションを維持したまま継続して頑張れるように「ちょっと頑張ったら達成できる行動目標」を立ててみましょう。

難易度の高い行動目標は、挫折につながりかねません。そこで、少し背伸びをしたら届くような行動目標に決めましょう。

  • 苦手な算数の計算問題を1日5問解く
  • 自主学習を1日15分やる

たとえば、上記のような目標があります。

「目標が低すぎる?」と思っても大丈夫。その子に合った目標を立てましょう。

また、最初の目標にこだわり過ぎると失敗する可能性もあるので、必要であればその都度修正しても良いです。

 

「これくらいならできるかも!」「難しすぎないから頑張れそう!」と、お子様が思えるような行動目標がカギとなります。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 新学年を迎えるにあたっての心構え(勉強のやり方の見直し)

  2. 私立高校受験で大成功した子の話

  3. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  4. 「目標を立ててもモチベーションの維持が難しい…。」やる気が持…

  5. 勉強も楽しく習慣化できる!プレマックの原理とは?

  6. 勉強のやり方をなかなか変えることができない人へ、どうして変え…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密