新年度から今までを振り返ってみよう

楽しみな夏休みまでもう少し。夏休みは、普段できないことにチャレンジしたり、さまざまな体験ができる絶好の機会です。

そこで今回は、夏休みにできることを考えるために「新年度を迎えてから今まで、何ができるようになったか?どのような反省点があるか?」を考えてみましょう。

夏休み前に振り返りをする理由

夏休みは、学校生活の中で最も長いお休みです。たっぷり時間があるように思えますが、なんとなく過ごしているとあっという間に終わってしまう、ということも。

新年度が始まってから約4カ月の間に、何ができるようになったか、どんな反省点があるかを振り返っておくことで、夏休みにしたいことやできることがイメージしやすくなり、より有意義な夏休みが過ごせるようになります。

 

勉強について振り返ってみよう

まずは勉強について振り返ってみましょう。

「去年よりも勉強時間が伸びた」「苦手な数学の点数が上がった」など、実際に取り組めたことがあったり、努力が実を結んだ方もいるでしょう。

「言われる前に宿題をするようになった」「自分に合った勉強法を模索した」など、勉強に対する意識が変わった方もいるかもしれませんね。

自分で自分の成長を感じるのが難しいと思う方は、「どんなところが変わったかな?」と変化点に目を向けてみると、新しくできるようになったことがわかりやすくなるでしょう。

中には「苦手な教科の勉強は後回しにしてしまった」など、反省点もあるかもしれません。反省を踏まえて、夏休みにできることを考えてみましょう。

生活について振り返ってみよう

勉強だけではなく、部活動や友人関係など、生活についても振り返ってみましょう。

「なんでも言い合える友人ができた」「今までになく、部活動に一生懸命取り組んだ」など、さまざまな変化があったのではないでしょうか。

「家の手伝いをするようになった」「家族と話す時間が増えた」など、家族との関わり方が変化した方もいるでしょう。

反対に「新年度に入って忙しくなり、家族と過ごす時間が減った」という方もいるかもしれません。

夏休みは家族でゆっくり過ごす時間を作ったり、逆に一人で何かに挑戦してみても良いですね。

 

反省点があるということは、成長できるチャンスがあるということ。振り返った内容を、夏休みの過ごし方にぜひ活かしてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 夏休みボケはどうやったら治るの?

  2. コロナ禍における子どものメンタルケア方法

  3. 2020年の新学習指導要領、一体何がどう変わるの?

  4. 小中学生の新しい当たり前は「家庭学習」!何を意識して始めれば…

  5. 目標を達成する方法

  6. 夏休み、勉強以外でやるべきこととは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密