【受験生向け】受験勉強を有利に進めるために志望校を本格的に絞り込もう!

受験生のみなさんは、志望校をある程度絞り込めましたか。

志望校の最終的な決定は12月ごろになりますが、今の段階から本格的に志望校を絞り込んでおきましょう。

今回は、志望校を絞り込むことのメリットについてお話していきますね。

志望校を本格的に絞り込もう!

夏の段階で、志望校をある程度決めることができたお子様も多いと思います。

しかし、まだ受験する高校をすべて決定できていないお子様もいらっしゃいます。

志望校の絞り込みは受験勉強をするうえで大切になりますので、本格的に志望校を絞り込みましょう。

志望校の絞り込みで受験勉強が有利に!

私立の場合、入試方法・入試科目・出題傾向などが学校により異なります。

志望校の絞り込みが早ければ、その学校に合った対策をしっかりできるので有利です。

一方、公立の場合でも、近年入試方法が多様化しています。共通問題に加えて、学校独自の問題を組み合わせているところも。

また、学校・学科によっては入試科目・配点が異なることもあります。

私立と同様に、絞り込みが早ければ対策をしっかり取れるので有利に働きます。

自分で決めればやる気も成績もアップ!

「ここの高校に行きたい!」

お子様がそのように思えば、受験勉強にも力が入ります。

さらに、この時期に志望校を絞り込んでおければ、成績を伸ばせる時間が残されている状態です。

お子様がやる気をもって受験勉強に励み、希望の学校に入学できるよう、本格的な絞り込みをしましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 今からやるべき私立受験対策

  2. 公立受験本番直前!1週間前にできること

  3. 受験にまつわる疑問を解消!いつから、何を始める?

  4. 冬休みの有意義な過ごし方~受験生編~

  5. 残りわずかの受験勉強で意識するべき大切なこと

  6. 今年の受験生は消化不良状態!受験で危機を迎えている!?②

個人指導専門塾で成績が上がる秘密