勉強にセットで必須!「余暇」の時間の使い方

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

テストまでもう少しですね。

中学三年生にとっては内申点を上げるためのラストチャンスです。

出来ることは全てやりつくしてほしいなと思います。

テストに向けて勉強をし続けすぎると、本来ならできるパフォーマンスが出来なくなってしまう、ということがあります。

必ず、勉強をしっぱなしにするのではなく程よく休憩をとるようにしましょう。

目安としては、勉強45分、休憩5分くらいで回すのがちょうど良いでしょう。

また、休憩は、

  • 脳を休ませる
  • リラックスする(勉強による緊張を解く)

という目的があります。

休憩中はこれらに効果のある過ごし方をすると良いでしょう。

例えば、軽くストレッチをしたり、温かい飲み物を飲んだり。

座りっぱなしで勉強しているのであれば、立って少し動くだけでもリフレッシュ出来ます。

また、テスト前日はゆっくり休むことが望ましいです。

前日に一夜漬けをしたり覚えられるだけ覚えよう」と無理をしては、本番で脳は本来の働きをしてくれません。

日は「新たに覚える」ではなく「勉強してきた内容を見直す」を徹底する方が結果につながります。

よく、テスト週間前に立てた計画通りに勉強が進まないと、テスト週間の最後の方にその計画をやりきることだけに執着してしまうお子さんがいます。

例えば、「テスト当日に学校のワークを全て3周やりきる」という計画を立てたにもかかわらず、途中、中だるみしてしまって計画通りに進まず、前日に無理矢理答えをうつしたりして帳尻を合わせようとする、というようなことです。

たしかに、「自分はやりきった」という達成感を持つことはできますが、果たしてそれは、テスト前日という貴重な時間にやるべき作業なのでしょうか。

いくら計画を終わらせたところで、その勉強のやり方が正しくなければ結果に直結するピンポイント行動が出来たことにはなりません。

勉強の習慣が全くついていない子に机に座らせるためのトレーニングとしてそのような作業をさせるのは悪くありませんが、

勉強の目的が「テストで○○点とる」なら、勉強内容にきちんとこだわった方が良いでしょう。

ぜひ、今一度お子さんの直前の勉強のやり方を見直してあげてみてくださいね。

テスト直前、どんな勉強をすれば良いのか悩んでしまう方はこちらもご覧ください。→「テスト直前、部活が休みになってからは何をすれば良い?

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 脳をコントロールすればやる気がでる!?やる気を出すアプローチ…

  2. 子どもの勉強に生かすFFS理論②自分の特性を知る

  3. コロナウイルス感染拡大によって、子どもの教育はどう変わる?

  4. 子どもの「自立学習」を支える、子どもにも出来る時間管理とは?…

  5. 休校の影響で学校の授業が心配!どうすれば良いの?

  6. 本当に理想的な学習環境は、実は家の中!?家庭で良い学習環境を…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密