子どもの留守番中に、ゲームやネットばかりさせない方法

共働きのご家庭だと、日中お子様が一人で家にいるときもあると思います。

  • 「ちゃんと勉強してって言ったのに、ずっとゲームばっかりやっていた」
  • 「一日中YouTubeを見たりゲームをしていて心配」

そんな声もあります。

今回は、お子様が留守番中にずっとゲームやネットをさせない方法を紹介します。

1日のスケジュールを決める

まずは、お子様が一人で家にいる間のスケジュールを決めましょう。

スケジュールを明確にし、時間で区切ってあげることで、お子様もスムーズに行動ができます。

また、スケジュールを立てる際は、チェック欄を設けることも一つの手。

その時間にスケジュール通りの行動ができたら、お子様にチェックを入れてもらいます。

保護者の方がお家に帰ってきて、チェック欄が埋まっていたら、褒めてあげてください。

一人で留守番中でも、スケジュールに沿って動けた自信と、次からのやる気につながります。

お手伝いを頼む

スケジュールの中に、お手伝いの時間を組み込みましょう。

洗濯物を畳むでもお風呂掃除でも、なんでも構いません。

お手伝いを頼まれることで、お子様は責任感を感じます。

この場合も、帰った後の「ありがとう。助かったよ」と言う声かけはすごく重要です。

勉強課題を出す

学校の課題の他にも、勉強課題を出しましょう。

あまり多すぎる課題だと、お子様のやる気がなくなってしまう可能性もあります。

普段学習習慣のない子であれば、小学生だとまずは10分程度、中学生だと30分程度の、適度な時間で終わるような課題をだすのがおすすめです。

お子様が一人で家にいる間、ずっとゲームやネットをして困っているときは「ゲームやネットをするのを阻止しなきゃ」という気持ちになりますよね。

しかし、ゲームやネットをするのが悪いのではなく、「ずっとやっている」ことが良くないのです。

スケジュールを立てるときに、ゲームやネットの時間もとってあげるのがポイント。

お手伝いを頼まれたり、学校の課題の他に学習課題をやるので、お子様にも息抜きは必要です。

お子様が留守番中、ゲームやネットのしすぎにならないようにするため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 新しい学年になる前に(中学生)

  2. 「基礎力」「継続力」をつけるには

  3. 夏休みに中学1年生が意識するべき2つのこと

  4. どうやったらやる気は出るのか?

  5. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  6. 数学(算数)のノートをきれいに書くためにしないといけないこと…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密