理論を知っているだけで変わる、暗記の勉強方法

こんにちは。個人指導専門塾の柴山です。

本日は暗記が苦手、というお子さんとその保護者の方に向けて、

「暗記のちょっとした仕組みとその勉強方法」についてお話ししたいと思います。

まず、「暗記」には二つの作業があります。

ひとつは記憶のインプット、もうひとつは記憶のアウトプットです。

インプットとは物事を記憶すること、

そしてアウトプットとは覚えたことを思いだすことです。

暗記と言うと、覚えたいところを何度も読んだり繰り返し書いたりする作業を多い浮かべる方が多いと思います。

ですが、大事なのはインプットとアウトプットのトレーニングをバランス良く行うことです。

そして、この記憶の作業の内、アウトプットの練習が出来ていない場合がとても多いのです。

ウトプットとは思いだす作業のことです。

教科書を読んで記憶することがインプットであれば、テストで暗記した答えを書くことがアウトプットです。

「覚えたはずのことが本番書けない」のはアウトプットの練習が不足しているからです。

一度勉強したことであれば、何度もインプットしようとするより、

例え思いだすことが出来なくてもアウトプット(思いだそうとする)の方が、頭を使うため、物事を脳に刻みやすくするのです。

 

「覚えたつもりだったのに書けなかった。」という経験、誰でも一度はあると思います。

それは、インプットの練習ばかりして、覚えた気になっていただけの場合がほとんどです。

身に着けた記憶を定着させてくれるのがアウトプットの作業です。

アウトプットを行うとき、私たちは自分の記憶を探り、情報を取り出そうとします。

何度も情報を出し入れすることで、記憶が鍛えられてより忘れにくくなるのです。

憶にインプットとアウトプットがある、ということを知るだけで勉強の仕方が変わってくると思います。

何も見ずに覚えたはずのことを、ちょっとしたすきま時間に思いだそうとしてみてください。

特にアウトプットの作業は、インプットのときのように教科書やノートがいるわけではありません。

頭さえあれば良いのです。

アウトプットは最も気軽に出来る勉強かもしれません。

ぜひ意識して普段の勉強に取り入れてみてください。

投稿者プロフィール

柴山
柴山
個人指導専門塾の岐阜の教室で教室長をしています。
得意科目は数学です。 趣味は最近始めたホットヨガです。
他には球技など体を動かすことが好きです。生徒に、知ることの楽しさや、自分の知識で問題が解ける楽しさを実感してもらえるような授業づくりを心掛けています。

関連記事

  1. 計算問題の間違い直しをするとき

  2. 数学嫌いの原因は“数学”じゃなくて“算数”かも?

  3. GWの学習計画を立てましょう(中学生向け)

  4. 夏休みをきっかけに国語を「好き」に変えたSくん

  5. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  6. 自主勉強の第1歩とは

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

4月27日に代表石田の書籍が発売されます