ノートを綺麗に書き続けてもらうためにするべきこと

こんにちは、教室長の丹下です。

新学年になって2か月が経ちましたね。

5月は行事ごとも多かったと思います。やっとひと段落というところでしょうか?

緊張もとけ、環境に慣れてくると、物事が少しずつ雑になってくることはないですか?

今回は「お子さんにノートを綺麗に書き続けてもらうためにするべきこと」についてお話します。

4月、新品のノートを手に、とてもきれいな字で、カラフルに見やすくノートを書いていた子が、

だんだん字が雑になり、何が書いてあるかよくわからないノートになってしまうということはないですか?

私たちの塾では、ノートをきれいに取る方法やメモ書きのコツを伝えています。

最初はその通りにやっていても、徐々に元のノートに戻ってしまう子は、非常に多いです。

そんな子に、

「ノートが汚い!前みたいにきれいに書きなさい!」

と怒っても何も変わりません。

その子たちに、以前のようなきれいなノートを書かせるために大切なことは2つあります。

  1. なぜノートの取り方を直した方がいいのかを伝える
  2. 直ったらすぐに褒める

 

子どもに「○○しなさい」と頭ごなしに言っても反発するだけです。

  • 「線を引くときは定規を使った方が、自分の字がマスいっぱいに大きく書けて見やすくないかな」
  • 「ページ数を書いておかないと、あとで丸付けするときやテキストを見返すときに、探すの大変じゃないかな」

「こうするといいことがある」とメリットや、「今のやり方だとこんな面倒なことが起こる」というデメリットなど、

そうした方がいい理由を伝えることを意識しましょう。

また、ノートがきれいに書けたら(もとのきれいなノートに戻ったら)必ずその場ですぐに褒めてあげましょう。

その褒められた経験が、いい行動を継続する源です。

 

また、ノートは人に見せないから(自分しか見ないから)雑になってくるものです。

毎日でなくてもいいので、

土日などたまにお子さんの学校のノートを見てあげて、「きれいに書けてるね!」と言ってあげるだけでも、

お子さんのやる気につながるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。