【中学1・2年生向け】苦手を来年度に持ち越さない!

「苦手な科目はないよ。全部得意!」といったお子様は、なかなかいません。

みんな必ずといっていいほど、苦手な科目があります。

そこで今回は、中学1・2年生に向けて「苦手の克服」についてお話ししていきますね。

今年度の苦手は来年度に持ち越さないようにしよう!

今年度の苦手を来年度に持ち越してしまうと、来年度に成績が上がりにくくなってしまいます。

とくに積み重ねの教科は負の連鎖が起こりやすく「全然理解できない!」「授業についていけなくなってしまった!」なんてことも。

積み重ね教科の分かりやすい例を挙げると、英語数学です。英語や数学は、苦手な人が多い教科。

苦手をそのままにしてしまって、どんどん分からなくなったり、ついていけなくなったりしてしまうのです。

小さな苦手を放っておくと、時間がたつにつれて勉強し直すのが大変なほど大きな苦手へ。

そうならないためには「春休みに挽回」ではなく、3学期序盤の今のうちに先手を打っておきましょう。

今年度の苦手を克服するために、今やるべきこと

4月からここまで勉強をしてきて「苦手だな」「イマイチ理解できていない気がする」と思うことは、さかのぼり学習をしましょう。

そのために、まずは「どの単元が理解できていないのか」「どの単元が苦手なのか」をしっかり調べます。

そして、その単元までさかのぼって学習しましょう。

「一度習ったから」という理由で、サラッと見直すのではなく、丁寧に学び直すことが重要です。

また、親御さんには「褒める」と「励ます」を意識して行っていただければと思います。

苦手意識は、その勉強を遠ざけてしまいがち。そんななか、お子様が頑張って勉強をしたら、苦手を克服しようと努力している行動を褒めます。

また「頑張っても理解できないかも」「本当に克服できるのかな?」といった不安には、全力で励ましてあげてください。

苦手意識を消すことも、苦手を克服するためには重要です。

今のうちに苦手な科目や単元をなくして新年度にスムーズなスタートが切れるように、ぜひ参考にしてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 勉強嫌いな子どもをやる気にさせる一言とは?

  2. 【中学生向け】夏休み明けのテストに向けて直前にできる効果的な…

  3. テスト範囲表はどう見る?

  4. 何のために宿題をやるの?

  5. ケアレスミスをゼロにするコツを公開!

  6. スタートが肝心!2学期の初めにやるべきこと

個人指導専門塾で成績が上がる秘密