【中学生向け】2学期に好スタートを切れるように|今のうちにやるテストの準備

2学期が始まると、なかなか夏休み気分が抜けずに立ち上がりが遅い子もたくさんいます。

しかし、2学期はスタートダッシュが大切です。

ぼーっとしていると、あっという間に定期テストが始まってしまいます。

定期テストが近づいてからやっと焦りはじめても、なかなか思うような点数は取れないもの。

そこで今回は、時間がある今のうちにやっておくべき定期テストの準備についてお話しします。

学習習慣を定着化しよう

今のうちに、毎日の学習習慣を定着させましょう。

毎日の勉強が習慣化していると、テスト勉強の際にも抵抗なく机に向かえます。

できれば「例外」を作らないことです。習慣を作るのは大変ですが、崩すのは簡単。

そして一度崩れてしまった習慣を元に戻すには、さらに大変なのです。

 

目標点を設定しよう

定期テストでどのくらいの得点を取りたいのか、明確にしておきましょう。

今までのテストの点数よりも【少し上】が目安です。高すぎれば挫折してしまいがちですし、低すぎれば目標になりませんよね。

「少し背伸びをしたら手が届く」くらいの点数が理想です。

計画は1週間ごと・1日ごとに立てよう

定期テストのためのテスト勉強は、計画を立てて行いましょう。

計画を立てるとやるべきことが明確になるのはもちろん、やる気もアップします。

計画は、1週間ごと・1日ごとの2つを立てるようにしましょう。

小刻みな計画を立てることでより意欲が湧き、終わったあとは達成感も◎

 

1日の計画にはTODOリストを使おう

1日の計画には、TODOリストを使うと良いでしょう。

どの教科をどのくらい勉強するのかが明確になっているのがポイントです。

パッと見て分かりやすいものだと途中で手がとまらないので、ムダな時間を減らせる効果もあります。

2学期の学校生活を充実させるには、スタートダッシュがカギ。

「定期テストまでまだ先」と思っても、すぐにテスト期間がやってきてしまいます。時間のある今のうちからしっかりと準備をしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. この時期が一番つまずきやすい!?その理由と対処方法【中学生】…

  2. 勉強できない!?問題点を解決して学習習慣を身につけよう!③

  3. 家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組…

  4. 夏休みに家でダラダラする子から頑張る子に!親の効果的な行動や…

  5. 習慣を身につける方法、教えます!

  6. 今から次の学年までにやっておきたいこと(高学年)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密