子どもが勉強に熱中するとても簡単な方法とは!?

「勉強してほしい、でもやってくれない」

「ちょっと気が向いた時だけ勉強しているみたいだけど、毎日続かない」

学校から課題は送られてきているものの、どうも前向きに勉強しているようには見えない!とお困りの保護者様の話をよく伺います。

行動科学では、

無数にある行動の内、

一体どんな行動を増やしたいのか明確にし、

どのようにしたら増やせるのか

を考えます。

増やしたい行動が「勉強する」の場合、この行動を増やす要因にはどんなものがあるのでしょうか。

「勉強する」という行動を増やす要因はいくつかありますが、そのうちのひとつに「達成感」があります。

「達成感」とは何かをやり切ったり成し遂げたりした時に感じることのできる気持ちのことです。

達成感を感じることで「次も頑張ろう」と思えます。

つまり、達成感とは次の学習に向けての起爆剤なのです。

では、どうやったら達成感を感じることができるのでしょうか。

私がオススメするのは、「マス塗りつぶし法」です。

用意するものは、方眼用紙と色鉛筆です。

①まず、科目によって色を決めます。例えば、国語は赤、数学は青、英語は紫といった具合です。

②次に勉強をします。

③15分勉強したら、勉強した教科の色を勉強した時間分だけ塗りつぶします。

例えば国語を15分勉強して、そのあと英語を30分勉強したら、赤色で1マス、紫で2マス塗りつぶします。

単純な作業ですが、この塗りつぶす作業が、「勉強したご褒美」であり「達成感」に繋がるのです。

この方法は、小・中学生だけでなく、ビジネスパーソンや東大生もやっている方法です。

私たちの生徒もマスを塗りつぶすたびに「もっと塗りたい!」と言って「あと10分だけ勉強しよう」という意欲に繋げています。

ぜひ、余っている方眼ノートや方眼用紙があれば、試してみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 受験直前、これを頑張った子が成功した【受験生】

  2. 受験生が自分自身で勉強したくなる方法

  3. 苦手な理科と社会のテストで合計37点UP!「逆さ暗記法」の成…

  4. 冬休みの目標を一緒に決めるとき注意すべきこと

  5. やらなければならないことを継続させる方法は?

  6. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。