【受験生向け】夏休み前半の振り返りと今後~ベストな状態へ~

夏休みは、受験生にとって最も大切な時期です。

入試の結果を大きく左右すると言っても過言ではない、3年生の夏休み。

今回は、夏休みを3つの時期に分け、それぞれのベストな状態と振り返り・修正についてお話をしていきますね。

時期別・夏休みのベストな状態

まずは夏休みの「前半・中盤・後半」のベストな状態について、見ていきましょう。

  • 前半:学校の課題を終わらせる、入試の過去問を解く。
  • 中盤:苦手な教科の実力を底上げ、過去問でわからなかった部分の学習。
  • 後半:1・2年生の復習、得意な教科の応用問題。

 

夏休みの前半は、学校の課題を終わらせ、高校入試の過去問を解いてみましょう。

まだ学習していない部分もあるので、100%の問題が解けるわけではありませんが、自分の実力を確かめる良い機会になると思います。

夏休み中盤は、苦手な教科を中心に学習し、実力の底上げを図りましょう。

苦手な教科をそのままにしてしまうと、今後の学習の理解や入試に大きく響くので、夏休み中に克服できることが理想です。

また、前半に解いた過去問で「習ったけど間違えた問題」を勉強します

夏休み後半は、1・2年生で習ったところの復習と、得意な教科のステップアップを目指します。

高校入試には、1・2年生の問題も多数出題されますが、2学期が始まると新しい単元を覚えることに集中するので、なかなか復習の時間がとれません。

この夏休み期間中に1・2年生で習ったところをしっかり復習しておきましょう。

振り返りと今後の学習

夏休みの前半を終えて、お子様は今、どのような状態でしょうか。

時期別の夏休みのベストな状態を踏まえ、お子様状態を確認、これまでの学習の振り返りをしてみましょう。

ベストな状態であれば、そのまま学習を続け、夏休みが終わる3日くらい前に、もう一度過去問を解いてみましょう。

夏休み中の自分の成長が分かり、自信がつくと同時に、これからの課題にも気づくチャンスです

今のお子様の状態が、ベストな状態からズレがあれば、中盤~後半で修正していきましょう。

「もっと勉強時間を増やす」「とにかく課題を終わらせる」では、効果的ではありません。

お子様がベストな状態に届かなかったのは、遊んでいたからではなく、効率的な学習の仕方を知らないからという可能性もあります。

そのような場合は、いちど学習方法やスケジュールを見直し、効率の良い学習を取り入れるようにしましょう。

「効率的な学習方法が分からない」「今からでも入試対策をしっかりしたい」という場合は、当塾にご相談ください。

オンラインでの個人指導もしておりますので、入試に向けて楽しく一緒に学力をアップさせていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. もうすぐ受験の子どもにどんな言葉をかければ良いのか【受験生】…

  2. 受験生がこの冬やるべき勉強

  3. 私立高校受験で大成功した子の話

  4. 【受験の心構え】9月の過ごし方~燃え尽き症候群と戦う~

  5. どうやったら勉強を諦めずに頑張ることができるようになるのか

  6. 今年の受験生は消化不良状態!受験で危機を迎えている!?②

個人指導専門塾で成績が上がる秘密