夏休みのふり返り~自分の傾向を知り、今後に活かそう~

コロナ禍の夏休み。そんな中でも、何かを成し遂げたり、良い思い出を作ることは出来ましたか。

夏休みを満喫できた子そうでない子、さまざまだと思いますが、今回は夏休みのり返りについてお話していきます。

 

自分の得意と苦手

夏休みで見つけた自分の得意・苦手について確認しましょう。

「科目」「単元」両方の単位で考えてみてください。

得意な科目のなかでも苦手な単元はありませんでしたか。また、苦手な科目のなかでも、得意な単元あると思います。

自分の得意・苦手を確認することは、今後の勉強を進めるうえで大切です。

苦手を克服できるよう、しっかり把握していきたいですね。

十分に出来た勉強・不足していた勉強

夏休みの勉強は、どんな勉強しっかりできましたか。また、逆にどんな勉強が不足していたでしょうか。

  • 得意な単元を伸ばすことができた子
  • 苦手な単元をしっかり勉強できた子

どちらが正解・不正解ということはありません。

お子様が頑張って勉強していること自体が、すばらしいことだと思います。

今回、十分にできた勉強・不足していた勉強をふり返り「今後は、夏休みに不足していた勉強に力をいれるというように、2学期や冬休みに活かしましょう。

勉強のやり方

夏休み中にどのような勉強の仕方をしたのか、ふり返ることも大切です。

「思うように勉強がはかどらなかった」「なんだか上手く勉強できなかった気がする」

というは、学力が低いわけでも、サボっていたからでもなく、効率よく勉強できなかったからかもしれません。

「効率よく勉強したい」「効率のいい勉強方法をしりたい」という方は、当塾の講師にお気軽にご相談ください。

また「直接塾に行くのが大変」という方は、オンライン個指導も上手に活用してみてください。

(無料体験の枠にも、まだ少し空きがあります。)

 

お子様の夏休みを一緒にふり返り、今後の勉強や生活に活かせるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 子どもの勉強に生かすFFS理論①FFS理論とは?

  2. 効果が出る!勉強時間を上手につくる方法

  3. 一年後の目標は曖昧に立ててはいけない!?

  4. 一年前、受験に向けて先輩たちは何をやってた?【新中3】

  5. テスト慣れしているかどうかは普段の問題演習の量で決まる!

  6. 計画を立てて効率的な勉強をしよう!

個人指導専門塾で成績が上がる秘密