【中学生向け】夏休み明けのテストに向けて直前にできる効果的な勉強

中学生は、夏休み明けに実力テストが行われます。

1学期に学習した問題はもちろん、2・3年生は前年度までの問題も範囲になるでしょう。

「テスト勉強してなかったけど、どうしよう?」

「直前にできる勉強法って?」

そんなお子様のために、今回は夏休み明けのテストに向けて、直前にできる効果的な勉強を紹介します

夏休み中の勉強を見直す

夏休み明けのテストは、夏休み中に勉強したことの実力を確認するためのテスト。

まずは、夏休み中に勉強したワークやプリントを復習しましょう。

ワークを見直して、間違いやすい問題やケアレスミスをしやすい部分(答えは分かっていたけど漢字を間違った問題など)を確認しておくことがポイントです。

 

間違えた問題を重点的に何度も解く

間違えた問題、分からない問題は重点的に何度も解きましょう。

何度も解くことで覚え、理解が深まります。

どのテストにも共通していえることですが、テストの点数アップの極意は、分からない問題を減らすことです。

また、分からない問題を減らすと、学力の底上げにもつながります。

分からなかった問題が分かるようになると、自信をもってテストに臨めるでしょう。

暗記問題は寝る前に

英単語などの暗記問題は、寝る前に覚えるのがコツです。

暗記後すぐに眠ると記憶が定着しやすくなるので、寝る前の時間は暗記にベストな時間といえます。

これを機寝る直前は英単語を覚える時間」と、習慣化するのもいいですね。

寝る前に暗記をする習慣化は、夏休み明けのテストだけでなく、定期テストや入試にも役立ちます。

 

難しい問題を切り捨てることも一つの手

夏休み明けのテストに向けて、直前の勉強法としては、難しい問題を切り捨てることも一つの手です。

覚える・理解するのに時間のかかる難しい問題は、直前だと間に合わない可能性もあります。

そのようなときは、思い切って切り捨ててしまってもいいと思います。

とはいえ、切り捨てたまま、ずっと放っておくのは禁物。

分からないままになってしまい、その範囲がどんどん広がっていく危険性もあります。

やむを得ず切り捨ててしまった問題は、テストが終わったら、必ず取り組むようにしましょう。

夏休み明けのテストは定期テストではないとはいえ、自分の実力を確かめる大切なテストです。

直前でもしっかり準備をして、自信をもってテストに取り組めるよう、お子様の勉強の参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  2. 定期テスト上位常連の子がやっているテスト勉強法ベスト3

  3. 最初のテストの重要性①(中1)

  4. 間違え直しの重要性

  5. 定期テストが返ってきたら、まずやるべきこととは?【中学生向け…

  6. テスト直前、部活が休みになってからは何をすれば良い?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密