【中学生向け】夏休み明けの定期テストに向けて②

前回は、夏休み明けの定期テスト対策がなぜこの段階から必要なのか、ルールを決めて行動に移すことについてお話ししました。

今回は、その先の「習慣化」についてお話ししていきたいと思います。

この1カ月の行動次第では周りと大きく差がつきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

習慣化

せっかく行動に移せたのに、三日坊主になってしまっては意味がありません。

決めたルールを習慣化しましょう。

初めはとても意識して頑張らなければなりませんが、しばらく続けるとそれが“当たり前”になります。

習慣化できないのは、それが当たり前になる前にやめてしまうからなのです。

「大変なのは最初だけ」と思うと、頑張れるはず。

 

特に習慣化してほしいこと

定期テストまでに、特に習慣化して欲しいのが「毎日の復習」です。

今日学校で習ったことを今日のうちに復習するのが、最も効率的に覚える方法なのです。

さらに、土日の時間を使って、もう一度1週間分の復習をすると記憶が定着しやすくなります。

こうやって何度も復習を繰り返すことで、難しくなっていく勉強にも対応できます。

復習する習慣は受験勉強にも◎

3年生のみなさんは受験まで半年もありません。本格的に受験勉強に取り組む子も多いかと思います。

1・2年生のみなさんにとってはまだ先のことですが、来年・再来年の受験勉強がスムーズにできるか否かは、今からの積み重ねにかかっています。

この機会に復習を習慣化しましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組…

  2. 夏休みに向けての準備|子ども自身がやること・習慣にすべきこと…

  3. 新学習指導要領によるプログラミング教育~中学生編~

  4. 夏休み前の準備が重要!~習慣・環境・基礎力~

  5. 中学校入学までに身につけよう!~3つのポイント~

  6. 新年度・周りと差がつけられる行動【中学生版】

個人指導専門塾で成績が上がる秘密