もしも子どもがコロナ陽性になったら?家庭でできる支援

もしも、子どもがコロナ陽性で出席停止になってしまったら、熱が下がって症状が回復しても一定期間が過ぎるまで学校にいけません。

出席停止期間に学校の授業が丸々受けられないことになりますが、家庭でどんな支援をすればいいのでしょうか。

まずは休養して回復を促す

まずは、しっかりと体を休めて回復させるのが最優先です。

症状は人により異なりますが、長引かせてしまわないように、なるべく栄養・水分をとりながら休みましょう。

この期間は、勉強のことは一切気にしなくてもOKです。

また、治ってからも後遺症がないか、注意してお子様を見ましょう。

そのうえで、回復してからの家庭でできることをお話ししたいと思います。

教科書を読む・ワークを進める

まずは、教科書を読み進めましょう。

分からないところ、難しいところは親御さんがサポートできると良いですね。

教科書でなんとなく内容が分かったら、ワークを解いてみます。

理解できている部分、そうでない部分が明確になります。

ここでは、いつもよりも解ける問題が少なくても大丈夫です。学校の授業を受けていないのですから、正解が少なくて当然。

間違った部分や分からない部分は、もう一度勉強し直してみましょう。

1日の理想的な勉強時間は5・6時間です。学校の授業と同じような時間に勉強と休憩時間を繰り返すようにするといいでしょう。

今まで習ったところを復習するのも◎

また、これまで習ったところを復習して強化するのもおすすめです。

学校に行けない=授業が受けられない=学習が遅れてしまう

といった焦りもあるかもしれません。しかし逆に言うと「勉強できる時間がたくさんある」ということです。

不得意な教科を勉強して「分からない」を解決していきましょう。

このように、学校に行けない・外出できない、といった“もしものとき”にもオンライン塾が有効です。

当塾のオンライン個別指導では「勉強の仕方が分からない」「学校で授業を受けていない部分を勉強したい」「希望した時間に受講したい」といった悩みや要望にもお応えしています。

オンライン・リアルタイムで直接指導を受けられるので、分からないところをその場で解決できます。

もちろん、出席停止のときだけではなく、普段からオーダーメイドのカリキュラムで学習を進めていけますので、気になる方はぜひ検討してみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 夏休み、子どもに何をさせたら良いだろう?

  2. 「疲れた」とすぐ言う子ども|望ましい親の声掛けとは?

  3. 中1が休校中に知っておくべき中学のこと

  4. テスト直前に親が子どもにできるサポート

  5. 2020年の新学習指導要領、一体何がどう変わるの?

  6. 前頭前野の働きから紐解く【マスク社会が与える子どもたちへの影…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密